2009年 05月 11日
聴覚過敏?補充現象?


その痛みは「うつ病」かもしれません―ストレス神話をくつがえす新しい考え方

を少し前に読みました。

「本来「うつ病」という病気はきわめて範囲が広く、精神面だけでなく身体にあらわれる症状まで様々です。そうした心身の症状は、脳の神経細胞が減少して、神経伝達物質が一時的に欠乏した事によって生じます。つまり、「うつ病」は心の病気ではなく、脳の病気、脳の神経伝達物質の機能障害であるというのが現在の一般的な考え方です。」

以前にも記事に書いた事があるのですが、
うつを「心の風邪」とか、心が何かおかしいようなイメージは何か違うんじゃないかと思っていました。
なので、一気に読んでしまいました。

b0022379_21112671.gifこの本には
「「音過敏」「光過敏」「嗅過敏」も「うつ病」の兆候」とあります。

メニエールでも蝸牛のトラブルによって、補充現象がおきるのですが、
私のお医者さんは、聴力が変化する時だといいました。
別の医師からも、ずっと長くひどいのが続く事はないというような事を聞いた事があります。

どこまでが補充現象でどこからが音過敏か?
蝸牛の有毛細胞のトラブルのみの影響なら、どうしようもないのかもしれませんが、
日常生活に支障があるぐらいならば、「脳の神経伝達物質の一時的欠乏」の影響も考えてみてはどうでしょうか?潜在的なうつや不安などがあると、身体症状がよりひどく感じられるそうです。
その部分での症状を軽減する事はできるのではないでしょうか?

うつ病に関連するセロトニンは聴覚の伝達、耳鳴の知覚にも関連が深いそうです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2009-05-11 22:21 | その他耳関連


<< 養老天命反転地でよろっ!?      ん・ん・ん?同じ回転性でも・・・ >>