2004年 11月 28日
補聴器2
近くに郊外型メガネ屋さんがオープンしました。
最近、こうしためがね屋さんで、「補聴器」と書かれた看板がめだつようになってきましたね。

そこで、オープンの案内はがきがきていた事もあって、補聴器のお試しにいってみました。

「まだ、すぐにはいらないんですが〜」
と、オドオドしながらお店に入ったのですが、
「どうぞ、どうぞ〜」
と、丁重な御対応!(ヒヤカシニキタダケナノニ〜m(_ _)m)

ちょうど、昨日病院の日だった事もあって、バッグの中のそのまま病院でコピーしてもらった聴力検査の表を持っていたのでラッキーでしたが、な、なんと店の奥の補聴器コーナーにもちゃんとオージオメーターが!

担当の方は、私の悪い方の聴力データをパソコンに入力し、パソコンとつなげてあった耳かけ形の補聴器の調整をしてくれました。
さらに、実際につけてみて、音の響き具合とか、自分の声の聞こえ方とかが快適になるように一部の音程の感度を落としたり、上げたりの微調整をしました。

だけど、です。これが、機械の音なんですね〜。いい方の耳と比べてしまうと、音は機械音で不明瞭。
耳に入る全体の音の量は増えたとはいっても、そうそう快適なモノではありません。
補聴器で調節して聞こえるようにするとしても正常の聴力にするのはむつかしいそうです。
私の場合は悪い方に補聴器をしていても、結局話し声はいい方で聞いていました。
ただ、このお店は静かだったんですね。不便を感じるのは雑音が多い場所。
仕事上支障をきたすような時には、そういう時だけ使うというケースもあるにはあるそうですが。

やっぱり、補聴器を使うとしてもいい方の耳がもっと聞こえなくなった時かな〜。
[PR]

by osha-p | 2004-11-28 22:02 | 耳鳴り・難聴


<< 徒然      補聴器 >>