2011年 05月 23日
イソソルビドと硝酸イソソルビド
前回、ゴッホの発作は3回と書きましたが、(コメレスで)
大きいのが3回で発作自体はもっとあったみたいです。

「人をうらまず苦悩を甘受すること、それこそ運を天にまかすことだというべきだが、
しかし、人生の半面にはおそらく苦悩の正しい存在理由があり、そう思うべきふしがある。」

「ぼくは全力を傾倒して仕事をものにしようと励んでいる。そしてそれができたら、
それこそ病気に対する最良の避雷針になるだろうと思っている。」

こういう思いであったという事は、発作も多く、つらい時も多かったのでしょう。

b0022379_23315552.jpg


ところで、知り合いのおばあさんの薬を整理していたら、こんな薬がでてきました。

ふと見ると、「イソソルビド」の文字が目に入りました。
よ~く見ると、硝酸イソソルビド・・・でした。狭心症の薬のようです。

それにしても、使用期限今月末。ちょっともったいない?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-05-23 23:36 | 徒然


<< 治る?治らない?      Vincent Van Gogh >>