2011年 05月 30日
治る?治らない?
b0022379_228921.gif掲示板に72歳になったら難聴は残るが治るとの投稿がありました。
72歳という具体的な数字は私にはわかりませんが、確かにそう言えるのかもしれません。
ただ、私としては、
「メニエールのめまい」・・・頭を動かせなくて吐き気がすごくて目をつむって数時間寝てるしかないぐらいの激しい回転性めまい・・・
を繰返していると、めまいは軽くなって難聴は残る。
治りはしないけれど、治ったように?日常生活はできるようになる・・・という印象です。
あるめまい専門医さんからもメニエール典型的とのお墨付きをいただきました(^^;;

2年ぐらい前、ある雑誌(「HERS」)のメニエール病の特集で、
50代のメニエール病の女の人を紹介してほしいとの依頼がありました。
東京の耳の治療で有名なある病院でも該当者がいなかったようでした。
20代、30代、40代で発病しても数年たつと落ち着いてくる人も多いのでしょう。

ネットの書き込みで「今めまいがしている・・・」という人もよくおみかけするのですが、
私は、「メニエールのめまい」中にネットやケータイで書き込みするような行動はできませんでした。
(ネットもケータイもありませんでしたが・・・(^-^;)
メニエールのめまいは落ち着いてくるとしても、
そういうめまいが、何十年も続くというのも大変つらいですね。
そういう場合は、代償の問題なのか?
はたまたメニエールではあるけれど、別の問題
頭痛関連めまいであるとか、外リンパろうとか、脳脊髄液減少症とか、心因性とか、などなど、
はたまたメニエールは誤診で
頭痛関連めまいであるとか、外リンパろうとか、脳脊髄液減少症とか、心因性とか、などなど、
よく考えてみるといいのかもしれない、、、と思ったりもします。

さてさて、?年後、72歳になったらこの耳はどうなっているのでしょうか?
このままずっと変わらないか、
いい方の耳がすこ~し悪くなるぐらいかな~?と思ったりしますが、どうなんでしょうね~(^^;;

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-05-30 23:05 | その他耳関連


<< マスカー療法???      イソソルビドと硝酸イソソルビド >>