2011年 07月 17日
メニエールのバイブル
b0022379_21231623.gif私の発病から最初の9年ぐらいはネットはありませんでした。8~9年目ごろには確かにありましたけど、まだ一般的ではなかったし、わが家にネット環境ができても私はまだ関わっていませんでした。
なので、今のように、病院でメニエールと言われた→メニエールって何???→検索して・・・調べまくって、、、という事にはならず、
図書館で本を借りて、医療系雑誌とかとにかく関連ありそうなのを探しまくって借りて、、、
という感じでした。だから、他のメニエルさんがどんな症状でどんな治療をしているかはぜんぜんわかりませんでしたし、治療の細かい事までもわかりません。

ネットは図書館で本を借りるのと比べれば楽に実に様々な情報を集められるのですが、
私はいいところばかりではない、と思っています。
かえって不安を煽ったりするような場合もあるのではないかと思います。
それには、まずネット情報をどのように受け止めるか、ですね。
まずは、基本的な正しい情報、できたら数冊の本をバイブルのように読んでおくといいと思うんですね。
バイブルは私は「めまい・耳鳴り (専門のお医者さんが語るQ&A)」とか「めまいの正体」でしたけど
つい最近「治療ガイダンス」というのが前庭機能異常研究班から出版されたので、これもバイブルにはいい候補なのかもしれませんね。
その上で、ネット情報にふれてみる。
たくさんの情報をどう料理するかは、受取る人次第だと思います。
こういう場、おしゃPのような場を置いている身としては、その人なりのおいしい料理ができるといいなと思っています。

今の原発の問題などもそうですね。にわか評論家が増えて情報が氾濫し、何が正しいかを選択しにくくなってて、かえって不安を煽ってるようなところもあるような???
一端事故があると大変で原発はもうない方がいい、、、とはなるし、
現実あらたな原発なんて現状ではできそうにもありませんが、
産業の空洞化がさらにすすむので、ただちに全部なしというわけにもいかないでしょうし、
(空洞化ばかりでなく、大気汚染とかその他いろいろ)
はやく核融合ができればいいんでしょうけど、まだまだかな?
    ↑水素と水素でヘリウムになる時のエネルギーを利用するもの(太陽が燃えてるのと同じ)


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-07-17 22:00 | 徒然


<< えっ!感音?伝音?      ストレステスト >>