2012年 02月 02日
日ハムの監督さん
b0022379_2155076.jpg雪が降りました。
寒いですね~
(写真は去年のもので、今日はこれよりは少なめでしたが・・・(^_^;)

ニュースのスポーツコーナーではプロ野球の話題がでてくるようになりました。
今年から日ハムの監督さんは現役時代にメニエールだったそうです。
私は、最初にこの事を聞いたのは、前に行っていた病院の診察の最後になった時、
お医者さんから
「ねぇねぇ知ってる?あの人メニエールだったんだって」
のようなノリで聞いたのが最初です。
栗山英樹さんのメニエール病との闘い(wikipediaより)
熱血ティーチャー 栗山英樹
詳しい事は知らなかったんですが、これを見ると、「三半規管を麻痺させる治療」をしていたんですね。
ゲンタマイシンでしょうか?
今だと少量ずつ様子を見ながら・・・が可能性が高そうですが、
彼の時は、確実に麻痺をめざしていたのでしょうか?
でも、その後の再発もあったんですね。

最近ではメニエール病には有酸素運動がよさそうという情報があります。
プロ野球選手の運動量があれば、よさそうな印象もあるのかもしれませんが、
有酸素運動で有名なその先生は、有酸素運動だけでなく詳細なカウンセリングや生活習慣の改善
も行っており、ストレスをいかに除くかということだそうなので、
彼も運動量はともかく、ストレスが耳の働きを上回っていたんでしょうね。
自分のストレスって世間的によく言われるモノがない時は
なかなか自分ではわからないですから・・・(^_^;)

でも今はすっきり元気そう。
ご活躍をお祈りします。(^^)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-02-02 22:28 | 徒然


<< 「はじめての認知療法」      あけましておめでとうございます >>