2012年 06月 08日
メニエール病の聴力検査の一例
b0022379_21363036.gif耳鼻咽喉科疾患ビジュアルブック
の中のメニエール病の解説の中でのメニエール病の聴力推移の一例だそうです。
私の印象としては、4年後とか15年後とか数字が入っていますが、この数字には個人差がもっとあるだろうな、とは思いますが、ゲンタマイシンとか外科的治療をしなければ、なるほど、こんな感じなんだろうなと思います。
別の資料でもメニエール病は

●めまい症状は経過と共に改善
●発作回数5-6回/年から1-2回/年(10年後)
●聴力は<3年で低音部、>4年後で高音部、10年後には50-60dBで安定

などの報告があるようです。
こういう事を知らないうちは、両耳全然聞こえなくなったら・・・と思うと不安でしたが、
今は、先生もこのぐらいで落ち着くのでは?だし、実際あまり変動はありません。(^_^;)
ある時、先生に聾の人の前庭はどうなっているのか?聞いた事があるのですが、いろいろなんだとか。
すごく恐れていた事も、あ~なんとかなるのかな?とちょっと思えたのでした。
でも、たぶん少ない可能性なのかもしれませんが、両耳緑だと補聴器が必要になってしまうので、
悪い耳は緑でも、いい耳はせめて初期レベルにとどまってくれるといいかな。。。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-06-08 22:51 | 薬・検査・治療


<< 耳鳴りは休みなしだけどね~(^...      今日のNHK あさイチは「あさ... >>