「ほっ」と。キャンペーン
2012年 09月 22日
バゾプレッシン=抗利尿ホルモン(ADH)
b0022379_21523260.gif
下記は2006年8月に、抗利尿ホルモンについて書かれたところをピックアップしたものです。
今さがせばもっといろいろな記事がみつかるのかもしれませんが、、、
下ででてくるADHを打ち消す薬はたぶん心不全の薬で要入院のようですね。
私はADHが上限より23%多かったんですが、先生に「ストレス?」と聞かれ、
「さぁ~???」と答えて終わりでした(^_^;)
ただ、めまい発作がでた後に、イソバイドを私が早めにやめようとした時に
先生は「ADH高いからね~」とちょっと気にされていました。
このあたりの事は、まだいろいろな考えがあって、実になるかならないか?まだまだこれからの事なんでしょう。
でも、どちらにしてもストレス対策が一番効果があるのでしょうね。

===========================================
「めまいはこうして治す!」(株)二見書房     
著者  東京厚生年金病院 耳鼻咽喉科部長    石井正則 2006/2/25初版
==================================
メニエール病の患者さんのストレスホルモン(視床下部・下垂体系ホルモン)を測定すると、統計的にきわめて高い数値を示すことがわかりました。これは私が10年ほど前に200人以上のメニエール病の患者さんを3年間にわたって調査した結果、わかったことです。ただ、このなかで現在では否定せざるをえないものもでてきました。それは当時の研究結果から、ストレスホルモンのなかでもバゾプレッシン=抗利尿ホルモン(ADH)が著しく高かったものですから、これがメニエール病の原因だと提唱したのですが、その後の研究で、当初の考えとは違う結果が出てきました。というのは、7~8年前にADHを打ち消す薬が開発され、患者さんの了解のもとに使用したのですが、めまい症状はおさまらなかったのです。逆に、メニエール症状の出ていない患者さん8名にADHを上昇させる処置をしましたが、メニエール病の発作は起きませんでした。さらに、メニエール症状の出ていない成年男子500人以上に動揺病の誘発実験に協力してもらい、ADHを正常の20~50倍まであげたのですが、誰ひとりとしてメニエール病の症状を起こしませんでした。これらのことから、メニエール病にストレスが関係していることは明らかですが、ADHは原因ではなく、結果であるということがわかったのです。メニエール病の治療には、原因ではなく結果であるADHを下げても有効ではなく、源となっているストレスを除去することが有効なわけです。

====================================================
「めまいの正体」 (株)文藝春秋  文春新書 著者 神崎 仁 
平成16年10月10日 第2版発行
====================================================
では、その内リンパ水腫がなぜできるのか。以前より種々の説がありますが、確定的なものはありません。水分・塩分代謝の障害説、ストレス説、自律神経障害説、アレルギー説、ウィルス説、自己免疫説、内リンパ嚢機能不全説などです。
これらのうち私が注目しているのがストレス説です。最近、竹田教授(高知医大)らの研究により血中のバゾプレシンというホルモンがメニエール病の患者で高値を示す事がわかってきました。ストレスを受けるとこのホルモンが増加し内リンパ水腫をおこすのではないかといわれています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-09-22 22:02 | 薬・検査・治療


<< 10年      3D-FLAIR 3D-rea... >>