2012年 10月 24日
「ドクターショッピングはダメなのか」という検索

ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか (新潮新書)
少し前に、このブログに「ドクターショッピングはダメなのか」という検索でたどりついた方が何人かみえたようでした。
この本は2年ぐらい前に読んだので、内容はあまり覚えてないのですが(図書館の本なので手元にはない)(^_^;)
ドクターショッピングをするのは、頭頚部の症状が多く、心身医療的に診た方がいいケースが多いそうです。
めまいに耳鳴りに頭痛の方も多そうだし、大学病院の耳鼻科はまさしく頭頚部外科というところから
あてはまる事も多いのかもしれません。

メニエールでいうと、めまい専門医とかめまい相談医という制度がありますが、
専門性を求めてこういうお医者さんをめぐれるほどなのは東京かせいぜいその周辺ぐらいで、(大阪とその周辺あたりもまぁいいのでしょうか?)
地方だとドクターショッピングができるほど専門医がみえるわけではないですよね。
東京の中にいる人だとしても、仕事や生活の時間のやりくりの中で通える病院は限られるのかもしれません。
セカンドオピニオンというのがありますけど、
紹介する病院では紹介するにあたっての紹介状だとか必要に応じて画像のコピーなどの資料のために数千円必要らしい。
紹介される方は、治療ではなくて相談なので実費、30分で1~2万円?ぐらいなんだとか。

セカンドオピニオンじゃなく、単にドクターショッピングの場合でも、より専門性の高い病院へ行けば大学病院の事も多く、
紹介状なしで大学病院へ行けば、初診にプラス4、5千円かかりますよね。

私の住んでるところからも東京へは日帰りできます。
朝いちばんに電車に乗れば、9時台に山の手線に乗れて、夜7~8時ごろまでは活動できるので、
東京の病院も不可能ではない???(^_^;)
でも、電車代が(もしくは飛行機代)、、、、、あるいは、いざという時、入院とか?、、、、、(私にはムリですが。。。(^_^;)

人によって、通院に使える時間もお金も様々でしょうけれど、
最初の印象がどうとか、期待していた事を言ってくれなかったとか、そういう不満も多少はあるにしても、専門医ならば知識は確かに頼れると思うし、
何回か通院する事によってお互いにだんだんとわかってきたり、いろんな意味で歩み寄ったりしていい関係ができてきたりする可能性もあったりすると思いますが、どうでしょうか?
、、、と、言うか、私の住んでる地域では専門医は少ないので、そうであってほしいし、自分もそのようにこころがけたいですが、できるでしょうかね(^_^;)



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-10-24 22:26 | 病院・医者・参考図書


<< メニエール病の研究(わかる範囲)      OAE-再検査かも? >>