2005年 02月 07日
心因性めまい
内耳を原因とするめまいは、突然片側の内耳の前庭の機能が低下して左右の前庭からの情報が違ってきて脳が混乱する事により起こります。

内耳を破壊すると、破壊した側の内耳からの情報はなくなり破壊しない側の内耳との情報が著しく違ってくるために脳が混乱して眼振が引き起こされます。

こんな実験があります。
内耳破壊して眼振が引き起こされていたウサギの眼振が治まったころ(3週後ぐらい)に大脳辺縁系の海馬に電気刺激をするとそのウサギが起こしていたのと同じような眼振が誘発された、というものです。もともと海馬を何回か刺激すると眼球運動が起こる事はわかっていましたが、内耳破壊ウサギはより早期に眼球運動が誘発されるとの事です。

すなわち、過去に起きためまいに関連する言葉を聞いたりするような刺激で記憶に関係する脳の「海馬」に刺激を与えると海馬-視床下部-脳幹平衡中枢の経路の交感神経の活動を強めて平衡失調を誘発したり増大させたりするというのです。(下の図のA型)
  
           A型
大脳辺縁系 <-------------->大脳皮質
(特に海馬) <-------//----->(特に側頭皮質)
  |        B型       |
視床下部               聴覚系
  |
脳幹平衡中枢          
  |
眼運動系・体平衡系・自律神経系   


・・・と、いう事は、はげしいめまい発作を経験したものならば、その体験への不安から海馬を刺激して交感神経の活動を高めてA型平衡失調が起きるのもなんら不思議はないかもしれません。「心因性」というと自分からは遠い存在であると思いたいモノかもしれませんが、そう特別なものでもないのかも。

最初は、心理的刺激に反応しないB型の人もなんらかのきっかけでA型になるケースもあるそうで、そのきっかけとは

1.医師への不信感
2.肉親の死
3.職場復帰の不安感
4.職場での疎外感

などだそうです。

参考図書 『めまいの科学』檜 学 著   朝倉書店発行

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2005-02-07 22:23 | めまい


<< 平衡機能検査3      平衡機能検査2 >>