2005年 02月 18日
両耳だけれど・・・
b0022379_22363623.gif
最初の9年はメニエルの症状は左耳だけだと思っていました。多くのメニエルさんがそうであるように、いい方の耳にもメニエルの症状が現れる事も心配な事の中で大きなウェイトを占めていました。

9年目の時、ある時から「脳がめまいに慣れて」めまいが軽くなったのはいいのですが、めまいが頻発するようになりました。聴力は確実に悪くなっていました。いい方までも。
そうこうしているうちにいい方の耳にも耳鳴りとか閉塞感とかが無休状態に(>_<)

う〜〜〜ん、これからどうなるんだぁ〜???

と、いうわけで当然ながら自分の現状を理解したくて自分のできうる範囲で調べまくりました。で、わかったんですね(私なりにだけれど・・・(^-^;。自分の過去歴からいってなるべくしてなったのかもしれないと・・・。よくよく見たら初期のころの聴力検査は、いい方の耳だって低音が低めだったんですね。お医者さんに言われなかったから、気がついてなかっただけ。お医者さんだって、患者を不安にさせるかもしれないような事をあえて言わなかったのでしょう。

でも、よくよく考えてみれば基本の治療は、耳に直接何かを施すような事はありません。
それまでいい方の耳が放置状態だったかといえば、そうではない。
基本的にメニエール病は自律神経失調症の仲間で自律神経の不調が難聴やめまいといった点に集中して起きるらしいのですが、私の場合、同じ人間σ(・_・ )の体の中にある耳だから左右に大きな違いはなかったかもしれない???

9年目にめまいが頻発してはじめていい方の耳の低音(&高音)が悪い事に気がついたワケです。そうなると、すぐにでも両耳聞こえなくなるの?の勢いであせってしまうんですよね。お医者さんは
「すぐには悪くなりませんから・・・」

その言葉通り今のところ急激な変化はありません。
これからどうなるかはわからないけれど、
今の状態で安定ならば、私にとってはメデタシ、メデタシかな〜?(^-^)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2005-02-18 22:40 | 徒然


<< 自律神経訓練法      蜂の子 >>