「ほっ」と。キャンペーン
2004年 09月 08日
「私があなたにしてあげられるのは、手術だけですよ。」
2004年1月25日(日)
    「私があなたにしてあげられるのは、手術だけですよ。」   

-------------------------------------------------------------------
「私があなたにしてあげられるのは、手術だけですよ。」
こう言ったのは、私が通院している大学病院のめまい専門医です。
「・・・つきあっていかなくては、いけないんですね。・・・」
と私が言ったら、静かにうなずいていました。
手術については、その時の私には必要ない事を私が知っているのを確認したら、その話は終わりになりました。
「メニエルは治らない」と言うお医者さんはたくさんいますが、
このめまい専門のお医者さんは「私には、治せない」と。私はその時、そう受取りました。
この事は私には衝撃的で、これからですね、ほんとうに病気とつきあっていこうと覚悟ができたのは。
医者まかせではなく、自分が主体とならなくてはいけないと思いました。
「メニエルは治せない」
この事実を繊細で神経質な人に多いといわれるメニエル患者にいかに不安を与えないように言うか、がお医者さんの腕のみせどころかもしれません。不安を与えるようだと、そのために症状を悪化させてしまう事もあるからです。ところが、不安を与えないようにうまく言えるお医者さんもみえるでしょうけど、そううまくは言えないお医者さんもみえるかと思います。また、こういう事は医者と患者の相性がいいかどうかにも大きく作用されるのではないでしょうか。情報を上手に、もしくは自分が期待していたように与えてもらえなかったからといって、その医者が悪い医者だというわけではなく、やはり、その道のプロ。患者側も「医者に治してもらう」ではなく、「自分が主体となって、お医者さんと相談しながら病気を治したり、つきあっていかなくてはならない」のだとその時思いました。
まだまだこれからどうなるのかわからず、上記のめまい専門医と相談できるとは限りませんが、お医者さんと相談しながら試行錯誤していくのだろうと思っています。
現在は安定しているので、「ぼちぼち、いくか・・・」(^-^)・・・・・ですネ。 
[PR]

by osha-p | 2004-09-08 20:49 | 病院・医者・参考図書


<< 治らないけれど(^-^)      通院その2 >>