「ほっ」と。キャンペーン
2006年 07月 15日
ラッキー!
私は、地元の総合病院から紹介状を書かれて大学病院へ行きました。通える範囲にはめまい専門医のいる病院はとても少なく、多少「そり」があわない部分があるにしても、お医者さんは医学を学んだプロです。紹介状を書かれた身としては「そりがあうとか合わないとか」そういう次元ではなく、医学のプロの助けが必要であるとしての関係を築いていかないといけないと思ったんです。この病院は初診と再診が先生が変わるようですし、再診でもいつも同じ先生とは限らないようで、はじめてこの病院へ行った当初は不安な気がしたのです。めまい専門医はもちろんのごとく?初診担当でした。

しか~し、考えたんですね。大学病院には耳鼻科医だけで20人ぐらい?みえました。
「では、どの先生がどんな事を言うのかな?どんな感じなのかな?」
と、言うことで最初のうちは、わざと初めての先生を指名して、
どんな先生か観察?しておりました。(病院内ドクターショッピング???)
そこで、「この先生!」と思える先生は見つかったのです。(^^)v
でも、残念ながら最近は私が行く土曜日は担当ではありませんでした。

b0022379_2391164.jpgでも、でも、でも、今日はみえたのです。
めまい学会にも出席されるらしく、私がネットで知った話も通じて久しぶりに、「薬をもらいに行くだけではない」ラッキーな日でした。(^^)/

以前、別の先生にはラシックスは出してもらえませんでしたが、きょうは出してもらえました。
まぁ、私はめまいは安定しているので、お守り程度にネ。
[PR]

by osha-p | 2006-07-15 23:10 | 病院・医者・参考図書


<< 患者が医者を替える時~その3      運転免許証の更新 >>