「ほっ」と。キャンペーン
2007年 03月 24日
本の紹介
めまいがするときに読む本
先週図書館で見つけたこの本、3/20が初版で以外と新しい本でした。
新しいだけあって第3章 めまいを改善する生活術は、わかりやすく、役にたつと思いました。
この手の本で思う事は、めまいには、これとこれとこれがある・・・あなたはどれ?
と、どれかひとつ選択せよ、みたいな感じ(メニエルか自律神経かどっち?)みたいに読めてしまう事もある事でしょうか。
「おしゃべりパーティーBBS」であった投稿のように
耳鼻科医が診断するメニエル病の患者さんの中にも自律神経障害が重なったために症状がひどく、重症化してしまう方が多い
この本にも
・・・しかし、めまいを気にしすぎると、それが新たなストレスとなって自律神経のバランスをくずし、さらにめまいが悪化していきます。そのような悪循環をたちきるためにも、めまいを必要以上に気にしないようにしましょう。
これらをしっかり理解していると「第3章 めまいを改善する生活術」のような内容・・・生活習慣・運動・ストレス対策etc.・・・は非常にいきてきくるように思います。メニエールばかりにこだわって、医師に治してもらおうとばかり考えているのではダメな事がよくわかります。

メインHPメニエルさんたちのおしゃべりパーティー
[PR]

by osha-p | 2007-03-24 23:13 | 病院・医者・参考図書


<< 掲示板について      治療法としてはいいと思うけれど・・・ >>