2007年 12月 26日
低音障害型感音難聴>蝸牛型メニエール病
b0022379_2352170.gif12/18の「たけしの本当は怖い家庭の医学 診察室」は、
『耳鼻咽喉科・恐怖の症例』(現在のリンク)
『耳鼻咽喉科・恐怖の症例』(何日か経過するとこちらかも?)
だったようです。(サイトだけ見ました。)

「メニエール病にならないためには、前段症状の一つである急性低音障害型感音難聴を早期に発見することがポイント」という事ですが、、、
たぶん、このブログまでたどりついている方はメニエール病と診断されている方がほとんどだと思うので、低音の難聴に早めに気がついたとしてもはたしてメニエール病にならずにすんだのだろうか?という疑問はあるかもしれませんね。私も最初は耳鳴り・難聴で耳鼻科に行き、点滴を毎日しても1週間後にめまい発作がきて、、、今にいたっています。
でも、私には低音障害型感音難聴で耳鼻科で診察を受ける方の全体像はわからないので、、、、、やはり、低音難聴の段階で適切な処置をしていれば、その後再発はしないという方も多いのでしょうか?

*****11月下旬にBBSにこのような話題の時の私の返信より引用************

少し前にあるめまい専門医さんに低音障害型感音難聴 と蝸牛型メニエール病との違いを聞いた事があります。まだ、サイト内にはまとめてないので・・・

はっきりした概念はないようですが、内リンパ水腫がベースあってめまいがなく聴力の変動を繰り返すのは蝸牛型メニエールと言われたりしています。
低音障害型感音難聴のほうはより広い概念で、急に低音域が悪くなる難聴すべてをさしているもので、従来は突発性難聴の中に含まれていたようですが、この中に聴力の悪化を繰り返すものがあることから、原因として内リンパ水腫や血行障害があるといわれており、内リンパ水腫があるものは蝸牛型メニエール病と同じだと考えていいそうです。このタイプが聴力の悪化を繰り返すことが多いようです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2007-12-26 23:52 | 耳鳴り・難聴


<< ムンプス難聴~新聞記事より      「めまいの悪循環」を断ち切るには? >>