2008年 02月 07日
「突発性難聴で細胞再生の世界初の治療」Yahoo!ニュースより
b0022379_2155042.jpgYahoo!ニュースより
「突然耳が聞こえにくくなる突発性難聴に対し、聴覚細胞を再生する世界初の治療を、京都大病院耳鼻咽喉(いんこう)科の伊藤壽一教授らのグループが始めた。」

左の本、難聴Q&A―発達期から老年まで600万人が悩む (シリーズ・暮らしの科学)
は、2005年のこの記事の教授らの本で、内耳再生についても書かれています。
内耳再生の3つの方法として
1.栄養因子や成長因子と呼ばれるタンパク質の投与
2.内耳に特殊な遺伝子を組み込む方法
3.ES細胞や神経幹細胞などの幹細胞の細胞移植法
があるとしていますが、このうちの1.ですね。
本の段階ではネズミの実験で
「本来なら死んでしまう内耳の神経細胞を保護できる・・・」
難聴からしばらくたったような場合はどうなんでしょう?

今日、そういえば、ナナメ左前方にいる家族が持つケータイの着信音を
ナナメ右前方の家族の机の上からだと確信し、
「ケータイ、なってるよ~」
あれま、思いっきり方向まちがえてしまって、、、、、、(^^;;
[PR]

by osha-p | 2008-02-07 21:45 | 耳鳴り・難聴


<< メニエール病と耳痛についてのア...      さて、どう思う? >>