2007年 05月 27日 ( 1 )

2007年 05月 27日
鈍感になろう???
b0022379_184651.gif鈍感力という本を少し前に読みました。図書館で借りて、人気がありそうだったのですぐ返さなければならず、残念ながら今ココにはありません。

著者の最近「愛ルケ」(と略せばよかったのかな?)で有名な渡辺淳一さんは、なんと整形外科医だったそうで、いかに「鈍感」がいいか医学的な見地からけっこうたくさん書かれていたので、これはけっこうメニエルさんにはいい本なのではないかと思ったのでした。

本がないので、残念ながらうら覚えでしか書けませんが・・・(^^;;
最初の例として蚊にさされた時の事が書いてありました。皮膚が敏感だと蚊にさされただけでおお事になってしまうが、皮膚が鈍感だとちょっとかゆいぐらいですんでしまう・・・
自律神経関係の事はもっとたくさん書かれていましたが、、、(^^;;

私もある時わかりました。
メニエルの側の耳の機能が多少変化しようが、目からの刺激が多少強すぎる時でも、
ストレスがある時の自律神経の変化とか、、、、
全てにおいて「鈍感」なのかな~と。
たとえば、同じ刺激を受けてもたいていの人が自律神経の変化から体調への変化となって
ふわふわしたり吐き気がしたり、、、そういう変化を感じにくい=鈍感・・・かなと。

ただ、もともとの体質なので、どうしたらこうなれるかというのはわかりません。
こういう私でも、実は物事の受け止め方や性質は俗によく言われるA型気質だと思います。
ストレスの受け止め方を変えるといいのかもしれませんね。

メインHPメニエルさんたちのおしゃべりパーティー
[PR]

by osha-p | 2007-05-27 01:31 | 病院・医者・参考図書