カテゴリ:病院・医者・参考図書( 47 )

2014年 05月 08日
「自宅で治せるめまいリハビリ」
上記本を、もうすぐ出版されると紹介していましたが、
出版後はまだでした(^^;;
もうすでに、この本を読んだという方も多いかと思いますが、
メニエール?ぐらいの人や、まったく原因不明という人、
メニエールと診断されててもメニエールの典型的症状(20分ぐらいから数時間の頭を動かせない回転性めまい)
以外の悩みがある人は必見だと思います。
ストレスとめまいの関係などよりわかりやすかったです。

数日前、ニュースでやっていました
引用
「東京大学の岩崎真一准教授らのグループは、耳の奥にあって体のバランス感覚をつかさどる前庭と呼ばれる器官に注目し、めまいやふらつきなどの症状がある高齢者やメニエール病などの患者11人に、耳の後ろにつけた電極を通じて本人には感じとれない程度の微弱な電流を流しました。そして、めまいや体のふらつきでおきる体の重心の移動が、どの程度抑えられるか測定したところ、治療前に比べて45%も少なくなり、症状の改善が確認されたということです。」
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[PR]

by osha-p | 2014-05-08 19:54 | 病院・医者・参考図書
2014年 02月 11日
本の紹介「薬も手術もいらない めまい・メニエール病治療」

 やっとこの本を読みました(^^;; 
過去にこの先生の考えは新聞に掲載されていたり、ネット上にも情報がいろいろあったりしていましたね。

 興味深かったのは脳の説明のところでした。
「反射脳」「情動脳」「理性脳」のところです。
厚生省の研究班の初代班長さんが「メニエールは全身病」と言ったそうですが、
内耳の病気だけど機械のように部分だけ直したり(投薬)
部分だけ部品をとっかえたり(手術)するだけではダメ、
生物としての発達からの面や心理学的な面や医学的な面など、脳の役割は深く関わっていて、
だけれど、自分の事であっても、何をどうしたらいいのかが見えにくいし、難しい部分だと思います。
ある意味、有酸素運動という具体的な行動がいい体にいい効果でありつつ、
自分に何がいいかがわかるいいきっかけとなるのかもしれません。
断捨離がモノの片付けを通して自分軸をしっかりしたものにしていくのに似てるかも・・・?
人は機械とは違うのだとよくわかって自分で自分を変えていけるといいですね。

 それにしても、私に近いような症例の方が難聴も治っているとの事実にはびっくりです。 
今、私にはその有酸素運動のモチベーションも時間もないのですが・・・(^^;;

b0022379_17370716.gif
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////






[PR]

by osha-p | 2014-02-11 17:37 | 病院・医者・参考図書
2014年 01月 02日
本の紹介「めまいをスッキリ消す本」
あけましておめでとうござます。
クリスマスころに親戚のプチ引越を手伝ったりしてちょっとあわただしい年末でした。
そのちょっと前、図書館で珍しくめまい系の本で新しいのがあったので借りて読んでみました。
Kindle版はこちら↓
別の著者の本だと些細な事でも初めて知る事もあったり、
過去に得た知識とつながって、より納得できたりする事もあったりします。

最近、めっきり更新する機会も減ってきてしまいました(^^;;
相変わらず耳鳴りやらの蝸牛症状はありますが、めまいはなく平和だというのもあります。
大晦日は紅白は見ず、BSの「Buck to the future」三昧でした。(^^;;
Part3のドクの最後のせりふで「未来は自分たちでつくるんだよ」のようなセリフが印象的でした。
It means your future hasn't been written yet. No one's has.
Your future is whatever you make it. So make it a good one.

2014年はどんな年になるのでしょうか。
今めまいがある人も、めまいのない未来が作れますように。。。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[PR]

by osha-p | 2014-01-02 00:28 | 病院・医者・参考図書
2013年 11月 23日
本の紹介 「自宅で治せる めまいリハビリ」
12/5に販売予定の本の紹介です。

自宅で治せる めまいリハビリ

本の紹介部分の引用ココから----------
自宅でできる・治せる「めまいリハビリ」の方法を、イラストを用いてわかりやすくまとめた一冊。通常、約1週間の入院で行っているめまいリハビリのエッセンスを抽出し、患者さんが自宅で簡単にできる・続けられる方法にアレンジしました。脳(平衡感覚)を鍛えるリハビリを1日15分ほど行うことで、多くの患者さんでめまいの改善がみられています。また、めまいの原因やメカニズム、フローチャートで分かるめまいのタイプ、ストレスとめまいの関係などについても易しい言葉で解説します。
引用ココまで--------------------------

私自身は、代償がよ~く働くタイプなためか、今の左耳の前庭機能の低下にいたるまでふわふわ感に悩まされるほどではなかったので、脳(平衡感覚)は努力なしに鍛えられちゃったみたいですが、(^^;; ふわふわめまいが多い人にはリハビリは効果的かなと思います。

ずいぶん久しぶりの更新となりました(^^;;
この9月でメニ歴、なんと21年目に突入しました。
ドタバタしたのは、最初の10年だったかな。
最初のころに、塩分を控えなきゃという事で、朝食をパン食に変えたのですが、ワケあって朝食をごはん食に。。。
さすがにそれでどうっという事はないのですが、いつものサイクルではない事とその他いろいろな条件がプラスされて、それはさすがにストレス満載なのか肩がバンバンに凝ってしまいました~(^^;;

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2013-11-23 22:11 | 病院・医者・参考図書
2013年 08月 28日
来週のためしてがってん
b0022379_215298.gifこんな季節→
も一段落してちょっと楽になりました。
来週のためしてがってんは
「めまいは自宅で解決!新発想の劇的改善ワザ(仮)」
なんだそうです。

・・・良性発作性頭位めまい症のEpley法かな???
「めまいの原因第2位「メニエール病」の最新検査、治療情報も!」・・・とあるけど、
これは、MRIの検査?
治療情報は・・・何でしょうかね~???

2013.9.4 22:52 追記:番組は終わりました。
番組内容はこちら↓です。
めまいは自宅で解決!新発想の劇的改善ワザ
2013年09月04日放送


b0022379_2245771.gif
最近、病院へお見舞いに行ってきました。
エレベーターの前で待ってる時、
ん???ゆれてる?工事???
あ~そう言えば、前にもお見舞いに行った時に同じような事が。。。
・・・片耳悪いせいかな?




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2013-08-28 22:50 | 病院・医者・参考図書
2013年 03月 20日
「耳トレ!-こちら難聴・耳鳴り外来です。」

耳トレ!-こちら難聴・耳鳴り外来です。
↑この本を読みました。

「耳の不調」が脳までダメにする←この本は手元にはないので確認できませんが、よく似てるかな?

これによると、難聴の原因で多いのは、「動脈硬化」と「騒音」だとか。
内耳から奥の脳の働きとか、聞こえに関わる人間関係の話とかなかなか興味深かったです。

先日の記事のようなイヤホンが原因の難聴は多そうです。
まわりの雑音と聞き分けるには20dB以上はないといけないので、
70dBの雑音の場所だと、90dBで聞かないといけなくなる。
電車通勤、通学で聴くのはちょっとよくはなさそうですね。
できるだけ騒音が少ない場所で、ノイズキャンセル機能付きのヘッドホンがよさそうです。
でも、好きな音楽でリズムにのると、アブミ骨筋がリラックスして難聴になりにくいみたいですよ♪
ストレス解消にもなるしね(^^)v  ♪~

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2013-03-20 22:38 | 病院・医者・参考図書
2012年 12月 12日
昨日の「たけしの健康エンターテイメント!」
昨日の
「たけしの健康エンターテイメント!」は

めまいの新事実
長引くめまいを改善するヒントがフィギアスケート選手にあった!


と今日知りました。
知ってたら見てみたかったですけど、、、、ざ~んねん。

知り合いが股関節骨折して10日後ぐらいには杖で歩くリハビリに入っているようですが、
めまいもリハビリは重要な事かも。(^^)v

b0022379_23335444.gif

b0022379_2334125.gif



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-12-12 23:35 | 病院・医者・参考図書
2012年 11月 14日
今日のNHKためしてガッテンは「寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり」
今日のNHKためしてガッテンは「寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり」でした。
・・・と言っても、みてはいなかったのですが、
番組の最後のほうで、
「耳鳴り、、、めまい、、、」という声が聞こえます。
ん???何???と思ってサイトをみてみたら、、、


ここから引用--------------------------------------------------------
ここぞというとき、人間は歯をくいしばりますが
噛むというのは、全身の筋肉の活動を
限界以上まで引き出すためのスイッチになっています。
そのため、寝ている間に歯を噛みしめている人は、
本来体を休めるはずの睡眠中にもかかわらず、
全身の筋肉をずっと酷使し続けてしまっているんです。
結果、頭から足の先までの様々な筋肉が疲労でボロボロになってしまい、「頭痛」「首の痛み」「肩こり」「腰痛」「ひざ痛」などを引き起こします。
さらに、筋肉によって神経が圧迫され、「めまい」や
「視力低下」「耳鳴り」なども起こることがあります。
引用ここまで----------------------------------------------------------

こうなると、めまい、耳鳴りの原因がこれだとはなかなかわからないかも???
メニエールで、これもでてくるようになったとしたら、さらに気がつくのは難しそう???
知れば知るほどめまいってむつかしいですね~。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-11-14 23:08 | 病院・医者・参考図書
2012年 11月 09日
恐怖性めまい

NHKきょうの健康 不安解消! めまい―あなたに合った対策がわかる (生活実用シリーズ)
前の記事
この本に書かれていた恐怖性めまいは心因性めまいのひとつという事でした。
「恐怖性めまい」という言葉ではありませんが、いろいろ調べるうちに下記のように知る事はできました。
「恐怖性めまい」という事で別枠のようになるという事は以外と多いのかも?

UTU-NET
(1) 耳などに異常があって、その上にこころの不調が影響してめまいが起こっているタイプ

心因性めまい
過去に起きためまいに関連する言葉を聞いたりするような刺激で記憶に関係する脳の「海馬」に刺激を与えると海馬-視床下部-脳幹平衡中枢の経路の交感神経の活動を強めて平衡失調を誘発したり増大させたりする

なので、本来のメニエールのめまい(デカイ回転性・・・ライスネル膜が破れるかイオンの大きな変化)か・・・
この恐怖性めまい(フラフラとなんとなく続くめまい)なのか
どちらが多いかわかると対策がたてやすいかもしれませんね。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-11-09 21:26 | 病院・医者・参考図書
2012年 11月 04日
NHKきょうの健康 不安解消! めまい―あなたに合った対策がわかる (生活実用シリーズ)

NHKきょうの健康 不安解消! めまい―あなたに合った対策がわかる (生活実用シリーズ)
この本を読みました。イラスト満載でめまいについてわかりやすかったと思います。
2012年9月25日発行だけあって、メニエールについて言えば、内容も最近の話題の
めまいのリハビリとか
水分摂取療法とか
有酸素運動の事とか
メニエットの事とか書いてあります。
ストレスについても、ただ、「原因はストレス」とだけしてあるのに比べれば、納得できる感じでした。
なので、めまいに対する対策も生活改善をどうするといいかとかストレス対策とかわかりやすいのではないかと思います。
今までの本にない事は(あくまでも私の記憶による(^_^;)、めまいの原因の一つとして、
甲状腺機能低下症
薬剤性めまい
恐怖性めまい
とありました。甲状腺・・・は少し前にNHKの何かの番組でやっていたような?
恐怖性めまいは聞いた事はありますが、本では初めて読んだかもしれません。
「過去に、恐怖やショックを伴っためまいを経験した場合に、”また同じ事が起こったらどうしよう”という不安から、めまいを起こすものです。」
だそうです。メニエールのめまいを経験したものならば、これが起きても不思議ではない???
でも、どんなめまいなのかは詳細には書いてないので、その時起きためまいが、メニエールのめまいなのか、恐怖性めまいなのか体感で判別がつくのか???と、ちょっと疑問に思いました。
追記
b0022379_21455983.jpgそれにしても、この本と共通点を発見!
この本の裏表紙には、なんと黒猫ちゃんがいたのです!








/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-11-04 21:47 | 病院・医者・参考図書