カテゴリ:病院・医者・参考図書( 47 )

2012年 10月 27日
メニエール病の研究(わかる範囲)
BBSをやめる直前にBBSに「メニエール病は研究されてないのでしょうかね」との投稿があったので、わかる範囲で。
難病に指定されているので、厚生省の難病対策として「前庭機能異常研究班」で研究されています。
b0022379_11552942.jpg←こういうA4ぐらいの冊子で研究報告書がでていたようですが、
去年は↓こういう本がでたようです。(残念ながら私はまだ読んでいません)



メニエール病診療ガイドライン 2011年版

b0022379_1411666.gif毎年、秋ごろにめまい平衡医学会の学会があるようです。
過去の学会の演題をみた事もありますが、演題だとチンプンカンプンなのも多いです。(^_^;)
発表する先生ばかりでなく、学生さんとか、若いお医者さんとかの参加もあると思うので、
メニエールの知識が多くのお医者さんに正しく浸透していってくれるといいですね。










////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-10-27 12:04 | 病院・医者・参考図書
2012年 10月 24日
「ドクターショッピングはダメなのか」という検索

ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか (新潮新書)
少し前に、このブログに「ドクターショッピングはダメなのか」という検索でたどりついた方が何人かみえたようでした。
この本は2年ぐらい前に読んだので、内容はあまり覚えてないのですが(図書館の本なので手元にはない)(^_^;)
ドクターショッピングをするのは、頭頚部の症状が多く、心身医療的に診た方がいいケースが多いそうです。
めまいに耳鳴りに頭痛の方も多そうだし、大学病院の耳鼻科はまさしく頭頚部外科というところから
あてはまる事も多いのかもしれません。

メニエールでいうと、めまい専門医とかめまい相談医という制度がありますが、
専門性を求めてこういうお医者さんをめぐれるほどなのは東京かせいぜいその周辺ぐらいで、(大阪とその周辺あたりもまぁいいのでしょうか?)
地方だとドクターショッピングができるほど専門医がみえるわけではないですよね。
東京の中にいる人だとしても、仕事や生活の時間のやりくりの中で通える病院は限られるのかもしれません。
セカンドオピニオンというのがありますけど、
紹介する病院では紹介するにあたっての紹介状だとか必要に応じて画像のコピーなどの資料のために数千円必要らしい。
紹介される方は、治療ではなくて相談なので実費、30分で1~2万円?ぐらいなんだとか。

セカンドオピニオンじゃなく、単にドクターショッピングの場合でも、より専門性の高い病院へ行けば大学病院の事も多く、
紹介状なしで大学病院へ行けば、初診にプラス4、5千円かかりますよね。

私の住んでるところからも東京へは日帰りできます。
朝いちばんに電車に乗れば、9時台に山の手線に乗れて、夜7~8時ごろまでは活動できるので、
東京の病院も不可能ではない???(^_^;)
でも、電車代が(もしくは飛行機代)、、、、、あるいは、いざという時、入院とか?、、、、、(私にはムリですが。。。(^_^;)

人によって、通院に使える時間もお金も様々でしょうけれど、
最初の印象がどうとか、期待していた事を言ってくれなかったとか、そういう不満も多少はあるにしても、専門医ならば知識は確かに頼れると思うし、
何回か通院する事によってお互いにだんだんとわかってきたり、いろんな意味で歩み寄ったりしていい関係ができてきたりする可能性もあったりすると思いますが、どうでしょうか?
、、、と、言うか、私の住んでる地域では専門医は少ないので、そうであってほしいし、自分もそのようにこころがけたいですが、できるでしょうかね(^_^;)



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-10-24 22:26 | 病院・医者・参考図書
2012年 07月 08日
「めまいは自分で治せる」


めまいは自分で治せる (8000人の患者を治した「奇跡のメソット」)
この本↑読みました。
太字部分を引用します。
「ところがなんらかの原因により、どちらかの耳に障害が起こると、平衡機能が低下し、バランスがくずれてしまいます。特に、三半規管の機能に左右差が起こった時に、めまいが発現します。この左右差は、薬や注射を使っても、根本的に治す事はできません。めまいに伴う諸症状を改善するために、薬物療法は必要ですが、この左右差を改善しない限り、めまいは残る事になります。・・・・・・・どうしたらこの左右差を改善する事ができるのでしょうか?リハビリをして、小脳の働きを高めてあげればいいのです。」
過去の本にはあまり取り上げられていなかっためまいの事もかいてありました。
片頭痛性めまいと持続性平衡障害です。メニエール関連の投稿をみていると、メニエールとの診断された人の中にはこんな症状の人も多く含まれるような気がします。
体験談もそれぞれあって、それに対する著者のコメントもあって一気に読めました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-07-08 13:36 | 病院・医者・参考図書
2012年 05月 20日
さてさて、どうしようかな???
b0022379_217335.gifいつまで病院へいくべき?以前はこの記事のように、病院通いをどうしよう?と思う気持ちはあまり強くはなかったのですが、最近は相談医というのもできて、耳鼻科開業医さんの相談医も増えてきて、大学病院よりも幾分ちかい?個人耳鼻科もあるようになりました。私もよっぽど変わろうかな?、、、相談医に行ったとしても、もう私の状態だと通わなくてもいいだろうから、、、などと思いつついました。
でも、通った方がいいのかどうかは、その相談医さんがどういう判断をするのかわからないし、大学病院だって土曜日にいけて、ここ数年の同じ先生なら、その先生が土曜日診察のうちは、ま、このままでもいいか?などと思いつつ、、、
どちらにしても大学病院ですから今の先生が永久にずっと続くわけではなく、今の状態もここ数年続いているのであとわずかなのかもしれませんが、、、、、、、あせらず考えます。(^_^;)

ところで、すごくアバウトなんですが、専門医というのは論文とか発表とかの審査?で
相談医はテスト?なんだとか。(いちおう先生に聞いた話ですが、まちがっていたらゴメンなさい。)
専門医と相談医と両方という先生も多そうですが、その違いは客観的にはどうなんでしょうね?
主観的には相性というのがあるので、スキルの差が大きくなければ相性のいい方がいいのかもしれませんが、そうそうドクターショッピングするわけにもいかないですからね(^_^;)


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-05-20 21:20 | 病院・医者・参考図書
2012年 03月 02日
めまい相談医リスト
b0022379_2213050.gifめまい平衡医学会のHPをみてみたら、
めまい相談医リストがありました。
(このリンク↑はフレームを分解しています。学会HPのメニューからリンクされています。)

私の場合で言うと、今の大学病院に通院不可能な状況がなんらかの理由であったとしても、
1時間ぐらいはかかるかもしれないけれど、土曜日(仕事でない日)に行けそうな個人耳鼻科もありました。
めまい専門医よりはちょっとはマシ?かもしれないけれど、
やっぱり、関東、関西は多く、地方は少ないアンバランスのような???
でも、ちょっとは選択肢は増えたのでよかったですね。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-03-02 22:00 | 病院・医者・参考図書
2011年 10月 22日
『「イラスト」めまいの検査』改訂第2版 日本めまい平衡医学会編 
b0022379_1541583.gifちょっと遠くの大きい図書館に行ったら、「イラスト」めまいの検査
 、、、がありました。
耳鼻科はめまいだけじゃないのに、めまいの検査だけでこんなにいろいろあるかと思うと先生は大変ですね。
大変と言えば、そろそろめまいの学会のようです。先生方はプレゼンつくりに一生懸命のころかと思います。がんばってください(^^)v




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-10-22 15:49 | 病院・医者・参考図書
2011年 09月 28日
不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!・・・今日のNHK ためしてがってん
今日のNHK ためしてがってん は
不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!(仮)
なんだそうです。片頭痛関連めまいなんでしょうか???
めまいと耳鳴りでメニエールとされる人の中にも
こういうタイプの人も多いような気がしますので、
必見かも???



追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番組終了
   ↓
番組内容はこちら↓
不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-09-28 10:24 | 病院・医者・参考図書
2011年 07月 07日
診療ガイドラインとお医者さんと患者と。
b0022379_21381096.jpg
診療ガイドラインが3月ごろでるらしいと知ったのはもう1年ぐらい前になるのですが、
その時は、報告書としていつものようにできるモノだとばかり思っていて、
販売されるとは知りませんでした。
報告書だと、そんなに多くでまわるのでもなさそうなので、
販売されてるとなると、その気になれば、開業医さんでも患者でも手にする事ができるので、
BBSにあったようにお医者さんと患者の意識と知識の差が縮まっていくといいですね。

お医者さん選びという点でも、めまいに強くて相性がいいというのがベストなのかもしれませんが、
めまい専門医さんは都会に多くて地方に少ないのが現状で、
めまい専門医のいる病院へ通院する事が難しい人も多いかと思います。
私の地区も、まず普通に病院通いするレベルのところにはいません。
ちょっと離れた都会まで行くのですが、ウチよりちょっとむこうのあの町に住んでいるとしたら
せいぜい町にひとつある総合病院に行くのがせいいっぱいだろうな、と。
なので、休日に大学病院へ行けるだけマシなんだろうな、と思ったりしています。
今の先生はめまい専門医ではありませんが、私としてはめまい専門医レベルのつもりでいます。
1回の診察時間は短くても、この先生ばかりになってからもう数年たちましたので、
「具合はいかがですか?」とはじまる診察ばかりではなく、
「何か新しい情報ある?」からはじまったりします(^^;;
信頼関係も相性も多少は時間をかけてできるという事もあるのかもしれません。
都会の人ならば有名な評判のいいお医者さんを求めて、
たくさんの大学病院や総合病院の中からお医者さんを選ぶ事もできるかと思いますが、
地方で田舎で、できない人も多くいます。
めまいに強いお医者さんが診療ガイドラインによって多くなるといいですね。

↓の文はサイト内のモノです。
ずいぶん前に書いたのですが、参考程度にコピペしておきます。
最初に行っていた総合病院の最初の先生とは相性はよかったのですが、
この先生の時に専門性の高いめまい専門医を紹介してくれてたら、
もうすこし今がマシだったかもしれないな、という思いがあったので↓のようになったのかも(^^;;
-----------------------------------------------------------------------------------

病院へ行っても、「患者の気持ちがわかってない!」と不満に思う事もしばしばです。
患者の気持ちのわかる信頼できる医師に診てもらうのが一番という声もよく聞かれます。
もちろんそれも大事な事ですが、不満に思う第一の原因は「めまい」について医者と患者の知識の差が大きく影響しているからではないかと思います。また、医師同志であったとしても治療方針の意見の違いがあったりする場合もあって正しい道はひとつではありません。自分が期待していたような対応を医師にしてもらえなかったとはいえ、医師は医学を学び、毎日患者を診察しているプロです。通院できる範囲に耳鼻科が少なかったり、めまいに対する専門性が求められる場合はさらに選択肢はありません。相性などと言っていられない事も多いです。短い診察時間の中では説明は無理かもしれませんが、患者も自分の症状についてよく勉強をし医師も短い時間でもできるだけ患者によくわかるような説明をする努力をお互いにしたいものだと思います。
信頼関係は時間をかけてお互いの努力でできてくるものかもしれませんし、そういう患者の姿勢で医師も「名医」になれるのかもしれません。
メニエルさんたちのおしゃべりパーティー【☆HOME☆】>【耳鼻科的めまいの考察】>【めまいとは?/めまいが起きてしまったら】より

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-07-07 22:13 | 病院・医者・参考図書
2010年 10月 16日
いつまで病院へいくべき?
b0022379_21592090.gif掲示板の方にありましたが、
私も時々、今後病院はどうしようか?
と思う事があります。
今は遠い大学病院ですが、幸い土曜日にいつもの先生が担当の日に予約なので、
今の状態が続けばこのままでもいいのですが、、、
以前行っていた地元総合病院は、
「あなたは大学病院で診てもらった方がいいですよ(私は診れない)」
だから戻れません。
通いやすいところから考えれば、個人の耳鼻科は土曜日とか夕方に行けてよさそうですが、
薬以外の治療が必要になるほどになったとしたら、またやっぱり紹介状かな~?
左耳はめまい発作を繰返したおかげで(^^;;めまいは軽いし、
なら、自己コントロールで必要に応じてイソバイドをもらいにいけばいいかな?
でも、ココ1年は時々めまってしまったし、いい方の耳も確実に少しずつ悪くなってるし、
今のまま、今の先生がずっといて、
たぶん、そんな事はないと思うけれど、人工内耳の治療までできる今の病院にいられるのが今のところ安心かな?などなど、ぐるぐると思いめぐらしています。(おっと、ホントにぐるぐるしませんように・・・(^^;;

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2010-10-16 22:16 | 病院・医者・参考図書
2010年 07月 04日
お医者さんのオーラをキャッチしよう(^^)v
b0022379_2155242.gifある先生の論文で、初発症状はめまいが多いが、
調査時点で何が苦痛かというと、難聴耳鳴りが多くて(40%台)めまいは少ない(20%台)なのでめまいはメ病のもっとも強い症状ではあるけれど治りやすい・・・とあります。

私は最初の8年ぐらいは、突然のデカ発作が一番の苦痛でした。
デカ発作の時にはとうてい病院へはいけないし、
かと言って、診察の時にデカ発作があった、と言っても、
何回もあったといっても、さらっと流される(と感じる)だけ・・・
「なんとかして~」という気持ちが強かったかも(^^;;

9年目は、いろいろな点で転機でした。
ある時、あるめまい専門医の診察を受けました。
その時の話から、めまいはお医者さんが治してくれるのではない、
自分が主体となって、自分で治して行こうという姿勢が必要、
医学的な知識などをお医者さんに教えてもらいつつも、あくまでも主体は自分、と意識が変わりました。
この時のめまい専門医さんは、残念ながら別の病院に変わっていってしまったのですが、いいお医者さんというのはこういう患者の意識を変えるオーラがでているのかもしれません。

この論文の先生は、ストレス対策を主軸に有酸素運動などを治療に取り入れる事で新聞に掲載されたりして有名です。
この先生も患者の意識を変えるオーラをだしつつ、具体的な手法を示して手助けしてくれているのではないでしょうか。

ちょうどそのころ、めまいは軽くなりました。
そしていい方の耳の聴力の低音難聴という事に気がつきました。
将来聞こえなくなるのでは?という不安、難聴の苦痛度の方が大きくなりました。
今はそのころから聴力もあまり変わらないので開き直りもあるので苦痛度が少なくなりましたけどね・・・(^^;;
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2010-07-04 21:47 | 病院・医者・参考図書