カテゴリ:徒然( 86 )

2004年 10月 30日
聴力わずかに回復(^-^)v
聴力もどらずの続き
2週間後というのを
「あっ、学会があるから3週間後にしましょう」
という、3週間後は今日でした。
聴力検査の結果はわずかながらにも少しよくなっていました。
いい方の耳の閉塞感、耳鳴りもずっとイソバイドをのんでたからかいくぶん楽でした。
恐るべしイソバイド効果!かな〜

このイソバイド、効果がある、ないと意見がわかれるようですね。
私も90ml/日でもデカイ回転性めまいありましたから、
効果なんてわかりませんでしたが、2002年に統計とったらわかったんですよ。

90ml/日は60ml/日に比べて1/3〜1/5のめまい頻度。
60ml/日以下は発作期には効果なしに等しいぐらいめまい頻発。

メニエルかどうかを確定する時に、グリセオールテストというのをやる時がありますが、グリセオールの代わりにイソバイドを使う事もあるとか。
このテストで陽性、、、つまり利尿作用をした後に聴力がよくなっていれば
メニエルである、、、という検査もあるぐらいです。
メニエルは内リンパ水腫ですから、イソバイド効果があるのは理論的に言えば当然なのかもしれません。だから、今効果がないと思ってても実は自覚できる程の効果がないだけなのであって効果はあるのかもしれません。(ただし、めまいの原因がメニエルならば、、、という事になると思うのですが、、、)

実は、「学会があるから3週間後」だったわりには、当の医師はいなくて
はじめての医師でした。(というか、3人いた再診医師のうち他2人は過去経験ありだったのであえてはじめての医師を指定しました)

聴力検査は前回よりもわずかながらによかったものの、いい方の耳の低音がまだまだあやしいところにあるからか、イソバイドは続けて2週間後の聴力検査となりました。
メニエルは、究極のところ「めまい」よりも「聴力」に比重があるのだと感じます。
めまいがなくても聴力が悪くなっていく場合もあるとか。
私の現状はいい方の耳の低音が悪いので、悪い方の耳よりは今日常生活で頼りにしているいい方の耳の行方が気がかりです。
めまいについては慣れたり、脳の代償が働いたりしていくのですが、
聴力は代替器官がなく、悪くなったら戻りにくいのでより慎重な対応になるのでしょうか?
いい方の右耳の調子もまずまずだったし、前回よりも悪い方の左の聴力は少しはよくなってる。
私的には4週間後でもよかったのですが(^-^;

薬は2週間分なのでイソバイドの量もそこそこでしたが、
それでも薬を受け取る時に
「重いですからね〜」と言われまして、、、
4週間分のイソバイドの量はスゴイですよね〜
その時のかさと重さもわかってるので2週間分はずいぶんマシに感じたのですが〜(^-^;

病院が終わった後に行ったラーメン屋さんが、店内がガヤガヤしているし、
店員さんのかけ声も元気いっぱい。
カウンター席で悪い方の耳の側に座った家族の声は聞こえにくくて、いい方の耳の側にくるようにすわり直しました。少しづつ日常生活でこういう場面が増えてるような気もします。。。
[PR]

by osha-p | 2004-10-30 22:01 | 徒然
2004年 10月 09日
聴力もどらず
1ケ月前、聴力が悪い方の耳で悪化して1週間の点滴と言われたのを
なんだかんだ言って、一回のみの点滴、1週間のイソバイドとなりました。
イソバイド復活!&点滴

耳鳴りや閉塞感はいい方の耳は多少よくなった感じはしましたが、
きちんと聴力は計っていない為はっきりした事はわかりませんでした。
5日前ごろ
「ムムッ、ちょっとヤバイかも」
こうなると、頼れるのはイソバイドですな〜。
で、医者の指示ではありませんでしたが、
再びイソバイド生活にもどっていました。

で、今日の聴検。
結果、先月と変わらず。
これは、予想はしていました。
ケータイのサービス案内などで左右別々に聞こえを確かめていたので。
左は「あれっ?」と思う程聞こえませんでしたね〜

医者は、
「きのうまでのイソバイドで悪くならずにすんだかもしれないですね〜」
「じゃ、もうしばらくイソバイド続けてみましょう。」

ちなみに、左は50〜70dB、右は、10〜35dB
右に関しては、閉塞感も耳鳴りも訴えてはいますが、
理由はわからないが、気にしすぎない事、
この程度ならば治療の対象にはならないといわれました。
左はグラフでいうと山型から、なだらかな丘に。
メニエルは最初は低音障害型ですが、だんだん全域で悪くなっていくとか。
1年ぐらい前に左のグラフの山がちょっと高くなった事があって
医者曰く「神経死んでなかったんだね〜」
そうか、今またちょっとお休みしてるのかしら、
ちょっと疲れちゃったのかな〜 (^-^;
[PR]

by osha-p | 2004-10-09 21:40 | 徒然
2004年 09月 24日
イソバイド復活!&点滴3
さて、私事ですが、悪い方の耳の聴力が悪くなって、
「様子をみましょう」程度よりは悪くなっていたためか
毎日一週間点滴と言われつつ、素直に医師の指示にしたがわずに
一週間のイソバイドとなった事は前に書きました。
イソバイド復活!&点滴

ハイ、私はそういう事でしたらいたってマジメ。
ただひたすらにいいつけを守るのでございまする。

で、そのイソバイドな一週間も過ぎました。
確かに、両耳の耳鳴りと閉塞感は少し楽になったような?
でも、1年前から閉塞感が消える事はないんですな。
楽になったような・・・も自分の感じ方であいまいです。
しか〜し、かんじんの聴力は?
そもそも自分でも悪くなったと気がつかなかったぐらいだから
よくなったとしてもわからないかも?
家で血圧が計れるように、家で簡単に聴力が計れるといいのにネ。

やはり、イソバイドな一週間の直後に聴力を計っておくべきだったのか・・・
いっそ、イソバイドな毎日を次の診察まで続けた方が
イソバイド効果がはっきりわかるような?

これが、メニエルになった初期ならば、
もっと必死だったでしょう。。。
2年前、いい方の右も聴力はなにげに悪いんだとわかり、
1年前からは、両方で閉塞感が続き、、、
自分なりに、調べて、聞いて、、、
あ〜これも、「あり」なんだな〜と(^-^;
[PR]

by osha-p | 2004-09-24 22:44 | 徒然
2004年 09月 14日
イソバイド復活!&点滴2
コメントありがとうございました。

その時は聴力検査のコピーももらえなく、メモってもいなかったので
おおまかにしかわかりませんし、点滴もステロイドだと思い込んでいたら、看護士さんに聞いたら
「めまいの、、、神経の薬だとは思いますが、、、先生に聞いて下さい。」
しかし、点滴が終われば医師とまた話す機会もなく、、、ちょっとドジでした。(^-^;

聴力検査は悪い方の左の2kHz〜4kHzあたりが、
25dB〜35dB? から35dB〜50dBぐらい?になった、という感じでした。
(グラフ全体でいうと山の上の方にあたります)
25dB〜35dB? というのは1年ぐらい前によくなったのであって
それまで10年ぐらいはずっと35dB〜50dB?で、元にもどっただけ
と、、、、、これは私的な感想です(^-^;

でも、2kHz〜4kHzといえば日常生活では重要なところですね。
悪い方の耳だからわかりにくいだけです。

過去には、聴力が落ちて点滴をしたのは、ホントの最初と今回のみです。
聴力は、大きく変動する事なく、最初に落ちてからほぼ同じでした。
(この部分は典型的メニエルとは違うところです。)

今まで、私もどんなにひどいめまいが何回かあったと訴えても
点滴を数日続けたのは、過去1回のみです。

どのぐらいが誤差でどのくらいが悪化とみるのか
どの程度で点滴などの処置をされるのか
その基準の絶対的な数値基準はなく、医師それぞれの判断によるものなのか、、、?
その判断基準が知りたいところです。
[PR]

by osha-p | 2004-09-14 22:42 | 徒然
2004年 09月 11日
イソバイド復活!&点滴
今日の診察の時、最近の台風のころからの両耳の閉塞感に加え、
時々起きるめまいの前兆のような不安定感、
頭が重く、グラグラと平衡失調のような感じがあった事を言ったら
聴力検査をする事になりました。

聴力検査のグラフを見て、まだ先月はかったばかりだったので
たいして変わらないか、若干いいのではないか♪
な〜んてお気楽に思っていたら
「このへん、悪くなってますね〜」
(えっ!)
そうなんです。いい方の耳の聴力がどう変化するのかばかりが気掛かりで
悪い方の耳の事など、多少の変化はぜ〜んぜん気にかけていませんでした。
日常生活ではいい方の耳をたよりに聞いているので、
悪い方の耳の聴力が多少変化したところで影響があまりないという事と、
もう10年以上も同じぐらいの聴力が続いている事から、悪い方の耳の聴力が良くなるなんて事は考えもしないので、悪い方の耳の聴力は気にしていませんでした。

「1週間点滴して、また聴力検査してみましょう」
再び(えっ!)
聴力検査のグラフを良く見てみると、1年ぐらい前に奇跡的によくなった音域で
また前の状態に戻っているというような感じでした。
私にとっては、今までにない最悪の状態に突入したという事ではないようでした。
さらに、通院に片道1時間半ぐらいはみたいので、仕事を休んで
1週間通い続ける事にもちょっと抵抗がありました。

そのあたりの事を医者に言ったら、
「今日だけ点滴して1週間後にまた聴力をはかる」
と、途中経過で言ったりしていたのですが、結局
「今日だけ点滴して、イソバイドを1週間飲んで一ヶ月後に聴力をはかる」
という事になりました。

う〜ん、しかし、
聴力の事ともなれば、多少の犠牲はあろうとも
素直にお医者さんが最初に言ったように、1週間の点滴を続けた方がいいのだろうか
とか、
途中でうやむやにはなってしまったけど、こまめに一週間したら検査をして
それでも変わらないようであれば、点滴を毎日するなどの対応が早めにできるので
その方がよかったんだろうかとか
いろいろ考えてしまいます。

みなさんなら、こういう場合迷わずにお医者さんに言われるままに1週間点滴に通いますか
それとも・・・・

よろしかったら、下の「comments」をクリックして、
「自分なら・・・・・・した」ご意見を。。。
[PR]

by osha-p | 2004-09-11 21:42 | 徒然
2004年 09月 08日
点滴だったかもしれない???
 2004年8月14日(土)
    点滴だったかもしれない???   
No.26
最後のメニエルめまいから1年2ケ月が、頭位めまいから1年1ケ月がたちました。私にとっての一番の薬は、この「最後のめまいからの期間の長さ」というような気もします。
「回転性めまい」の記憶が鮮明であればあるほど、出かける度に
「めまいがあったらどうしよう・・・」と不安な気持ちが強かったように思います。1年過ぎた今、不安はかなりなくなりました。
ただし、その1年前ぐらいからいい方の耳がいつも閉塞感があるようになりました。耳鳴りもときどき聞こえます。

体調によって強弱を繰り返していましたが、グラフで言うと
上下の波を描きながらも全体としては右肩上がり。
最近ではバージョンアップしてきました。
とは言うものの私のめまいには前兆がほとんどない、、、。
悪い方の耳は難聴は固定、耳鳴りも大きいまま。
というワケで、どーも危機感が今ひとつなんです(^-^;

不快感は私の場合、両耳の場合は片耳の場合X2 ではなく、
片耳の場合X5?6?7?8?9?、、、なんだけどね。(>_<)
今日、久しぶりに聴検したら、結果おおきな変化はなかったのですが、
悪くなっていたら、点滴だったそうな。(ノ゜o゜)ノ ォォォ-
ちょっと、ノーテンキだったかしら〜(^-^;

まっ、ともかく落ち着いているきょうこの頃、
いままで進行してきた分は戻らないにしても
なんだかずっとこのままの状態が続くような気もするし、そうだといいなぁ〜d(^0^)b
[PR]

by osha-p | 2004-09-08 21:17 | 徒然