カテゴリ:耳鳴り・難聴( 41 )

2005年 10月 29日
『耳鳴り、雑音で相殺』
b0022379_16121611.gifまたまた日経新聞、火曜日の夕刊の記事から。
(ハイ、火曜日から数日たってしまいました、、、(^-^;、、、)
今回は、
『耳鳴り、雑音で相殺』でした。
『つらいと思うと耳鳴りがさらにうるさく聞こえるようになるという悪循環に陥り、うつ状態になる例もある。そこでTRTでは医師らによるカウセリングと、耳かけ式の補聴器のような音発生装置による訓練を組み合せている。』というのが大筋で、この装置を1日6〜8時間装着していると、3〜6ケ月程度で7〜8割の患者に効果が現れるそうです。つまり「耳鳴りを取り除こうとするのではなく、脳が気にならなくなるように訓練する」のだそうです。

ただし、この装置、まだ保険がきかなくて6万3千円だという事と、「装置をつけている事がストレス」「音が嫌」という人も半数近くいる事が欠点としてあげられていました。

私はある時、耳鼻科医師のblogにてTRTについてちょっとだけお話させていただく機会がありましたが、TRTはカウンセリングという部分においての知識が必要であるという事とカウンセリングは時間がかかるとかの理由で耳鼻科医ならば誰でもというワケにはいかないようで、TRTを実施されている耳鼻科はかなり限られるのかもしれません。

音を聞いて耳鳴りから注意をそらす、というのであれば「音楽を聞く」のもいいかもしれません。今はケータイなどでも手軽に音楽がどこでも楽しめるようになりました。
その時も、耳鳴りが聞こえる程度の音量で雑音を長時間聞き続ける事で、耳鳴りに対する意識を下げるという音声発生装置と同じような使い方だといいかもしれません。

耳鳴りの治療の本やNetなどで、中耳にステロイドを投与するという事が書かれている事もあります。
これは、私は「めまい」に対する治療として1週おきに10回行いましたが、
耳鳴りにはほとんど効果がなかったかな〜?

私は発病が「耳鳴り」でした。たぶん「耳鳴り」だけでは病院へは行かなかったと思います。私の発病より少し前、家族が中耳に水がたまって聞こえにくくなって耳鼻科に治療に行ったという事があり、その家族から
「病院行っておいた方がいいよ!」
と言われたから、「とりあえずいっとこ」のノリでした。
結局、それから左の耳鳴りは止まる事なく、めまい頻発のころに少しずつ大きくなり、
ついに2年前からは、右も耳鳴りがでるようになりました。
両耳とも閉塞感もあるから、ホントにうざい時も正直あります。

左耳は、エアコンおもいっきりかけて高速道路を走る車に乗ってても聞こえるので、
絶対値はけっこう大きいのかもしれないけどね、
昼間は残念ながら、忙しくて「耳鳴り」さんにかまってあげられないんです、
ゴメンネ、「耳鳴り」さん、、、、、???(^-^)/
[PR]

by osha-p | 2005-10-29 22:32 | 耳鳴り・難聴
2005年 06月 15日
「めだつ」作戦
前に病院で貸してもらった集音器を、先日ある外食チェーン店の中でおじいさんが首からぶらさげているのを見ました。b0022379_2158365.jpg
補聴器と違ってこういうのは一般にはほとんど見かけるような事はないので、
「あれ、何?」
って思う人が多いかな。
助聴器、集音器の中でもケータイとほとんど同じ形のもあったようなので、そういうのならば抵抗なく持てそうですね。
だけど、だけど、感音難聴というのは、助聴器、集音器で音を大きくしてやっても古びたスピーカーのごとく。また、生の耳の時よりも雑音と聞きたい音を聞き分けるのが難しいのです。音が大きく入るようにすると、響いたりする事もあるので大きくする程度にも限界もあります。
ならば、いっそうこのおじいさんのように「難聴者ですよ〜」ってアピールするのはいいかも。
補聴器、助聴器、集音器があっても正常の耳にはなれない事がもっとひろまるといいんだけどね。
[PR]

by osha-p | 2005-06-15 22:18 | 耳鳴り・難聴
2005年 05月 14日
運転するなら左ハンドル!?  (^-^;
雑音の多い場所は聞こえにくいので苦手です。
悪い方の左から話をされてもさっぱり?
だから、会話する人がいい方の右にくるように座る場所、立つ場所を変えます。
車の中も同じ。エンジンの音。エアコンの音。時にはFMがついてたり、、、。
今日、私は助手席に座っていました。運転手はB。
私「Aの声って聞きにくいからうるさい場所だとどうしてもAの左にいないといけないんだよ。」
B「Aの声って小さいし、低いからだね〜」
私「Bとは雑音の多い場所でもわりと正面で話をする事が多いからか、AよりもBの方が声が低めで聞こえにくいような気がするんだけどね、音量の違いかな〜Aよりは聞こえてるような気がする。」
B「そりゃ、ゆんこちゃんが聞こえにくそうだから、多少大きい声で話すようにしてるモン」
私(え〜〜〜、そうだったの・・・。そんなに悪かった?!)
B「じゃ、今は聞こえやすい位置でいいんだね。」
私「うん、運転変わると、聞こえにくくなっちゃうね〜」
B「いいじゃん、左ハンドルの車にすれば」
私「!?」(ジャァ、カッテオクレ〜〜〜!)
b0022379_23255588.gif
普段はわりと静かな環境です。
聞こえにくさを実感する機会も少ないかもしれません。
めまいは慣れたり、私の現状では同じような事かもしれませんが
内耳の機能が悪くなったりすると起こりにくくなると言われています。
私は最後の方のめまいは「脳がめまいに慣れて」軽めでした。
前庭機能は代償されるけれど、聞こえについては代償する器官はありません。
左も右もつまったような状態が続く今日このごろ、聴力に不安は残ります。
問題は、はたして自分が難聴を受け入れていけるかどうか、かな?
[PR]

by osha-p | 2005-05-14 23:28 | 耳鳴り・難聴
2005年 04月 12日
助聴器
b0022379_2157194.gif4/9の時点では、集音器としてましたが、
「助聴器」というのが正しいようです。

銀行で発見してから、検索したりしても銀行のと同じモノが見つからなかったのですが、
病院で借りた機械の商品名から検索していったら、Net販売もされているのを見つけました。
そしたら、病院のモノも銀行で見たモノも「助聴器」としてありました。(^-^;

銀行の他にもお役所の窓口などや
そしてやはり難聴の方の診察とかで最近使われるようになってきたとかです。

Netでは、介護用品のひとつとしての紹介、販売が多いようです。
イヤホンもつけられるので、ずっと手に持っていなくてはいけないという事もなさそうです。

しかし、誰にでも簡単に使えるという事は、4/9に書いた通りでイマイチってな事も多いようで、きっとデジタル補聴器の方がいいのでしょうが、
「補聴器なんて、まだいいけれど、たま〜に不便な事もあるかな?」
ぐらいの時にはいいのでしょうか?

去年、秋に眼鏡屋さんへ補聴器の事を聞きにヒヤカシに行ったからか
今日はがきがきてました。
「補聴器2週間無料お試しキャンペーン」
[PR]

by osha-p | 2005-04-12 21:58 | 耳鳴り・難聴
2005年 04月 09日
集音器
b0022379_2382048.jpg銀行に行って新規口座をつくった時の事です。通常の窓口ではなくちゃんと座って応対できるところだったのですが、そこに折り畳みでないケータイのような形で中央にあるボタンを押して機械を耳にあてると、周囲の音を大きくして聞こえやすくなってる難聴者むけの機械がおいてあったんです。電気やさんへ行ってみたら補聴器のようなハコ形、耳かけ形のは売ってたのですが、銀行のようなのはありませんでした。

今日、病院での診察の時にその事を話してみたら、なんとあったんですね〜。
お医者さん曰く「耳鼻科ですから〜」
そっかぁ〜、それもそうだな(^-^;
「使ってみますか?病院の中で使ってみてまたココに返してくれればいいですから(^-^)」
(今日は美形のおねえさんのお医者さんで、とてもやさしい・・・(^-^;)
銀行のは録音する機械に似ていたのですが、耳鼻科のはイラストのモノ。
ちょっと、デザインはイマイチ・・・

ちょっとハズカシイと思いつつもその集音機なるものを持ち、
病院をウロウロ。
私の不得手とする、雑音の多い場所はどこ?
受け付け?薬を待つところ?会計のところ?
と思いつつ、ウロウロ、ウロウロ・・・

TVがあったのでそこでしばらくお試ししてみました。
聴力はこのぐらい。⇩
左耳 50dB〜75dB
右耳 10dB〜40dB
悪い方の左でもパワーを大きくすれば音は入ってきます。
ただし、TVでの話し声はいい方の右から聞こえてきましたので、
全体にうるさくなっただけ、と印象です。
いい方の右で使ってみたら、悪い左とは違い話し声も大きい音でちゃんと聞き取れるように入ってきます。
しか〜し、なんでかな?雑音は話声以上に大きく耳に入ってくるような??
だから、雑音と話し声の聞き分けをするのに非常に疲れるような印象でした。
生の耳は聞きたい事だけをちゃんと聞き分ける事ができるスグレモノのようです。

などなど、思いつつおねえさまに集音機を返しにいきました。
今は、補聴器をまだ購入していない難聴の患者さんの診察の時や
高齢者で補聴器に慣れない時に必要なときだけ使うとか
なんだそうです。

銀行のように何か書類を書く時には老眼鏡がおいてある事もあたりまえのようになってきましたが、
難聴の事も考えてもらえるようになったんですね。
そういえば、眼鏡やさんでも「補聴器」の看板が目につくようになりました。

4/12  「助聴器」に続く
[PR]

by osha-p | 2005-04-09 23:10 | 耳鳴り・難聴
2005年 01月 21日
携帯電話を用いた簡易型聴力測定器の研究開発
⇩今朝、これ見ました。
NHKニュース おはよう日本『まちかど情報室』 - 『健康管理 いつでもどこでも』
2005年 1月21日(金)放送
『健康管理 いつでもどこでも』
http://www.nhk.or.jp/machikado/info/details050121.html


ニュースの中のほんのわずかな時間なのですが、携帯電話で聴力検査ができる!?
と、いう事でとりあえず下記紹介しておきます。

■携帯電話を用いた簡易型聴力測定器の研究開発
独立行政法人産業技術総合研究所(茨城県つくば市)
http://www.aist.go.jp


主な研究成果 携帯電話で聴力検査
 > 研究紹介・成果 > 主な研究成果 > 携帯電話で聴力検査
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/nr20040521_1/nr20040521_1.html

[PR]

by osha-p | 2005-01-21 23:27 | 耳鳴り・難聴
2004年 11月 28日
補聴器2
近くに郊外型メガネ屋さんがオープンしました。
最近、こうしためがね屋さんで、「補聴器」と書かれた看板がめだつようになってきましたね。

そこで、オープンの案内はがきがきていた事もあって、補聴器のお試しにいってみました。

「まだ、すぐにはいらないんですが〜」
と、オドオドしながらお店に入ったのですが、
「どうぞ、どうぞ〜」
と、丁重な御対応!(ヒヤカシニキタダケナノニ〜m(_ _)m)

ちょうど、昨日病院の日だった事もあって、バッグの中のそのまま病院でコピーしてもらった聴力検査の表を持っていたのでラッキーでしたが、な、なんと店の奥の補聴器コーナーにもちゃんとオージオメーターが!

担当の方は、私の悪い方の聴力データをパソコンに入力し、パソコンとつなげてあった耳かけ形の補聴器の調整をしてくれました。
さらに、実際につけてみて、音の響き具合とか、自分の声の聞こえ方とかが快適になるように一部の音程の感度を落としたり、上げたりの微調整をしました。

だけど、です。これが、機械の音なんですね〜。いい方の耳と比べてしまうと、音は機械音で不明瞭。
耳に入る全体の音の量は増えたとはいっても、そうそう快適なモノではありません。
補聴器で調節して聞こえるようにするとしても正常の聴力にするのはむつかしいそうです。
私の場合は悪い方に補聴器をしていても、結局話し声はいい方で聞いていました。
ただ、このお店は静かだったんですね。不便を感じるのは雑音が多い場所。
仕事上支障をきたすような時には、そういう時だけ使うというケースもあるにはあるそうですが。

やっぱり、補聴器を使うとしてもいい方の耳がもっと聞こえなくなった時かな〜。
[PR]

by osha-p | 2004-11-28 22:02 | 耳鳴り・難聴
2004年 11月 27日
補聴器
いい方の右耳の低音がちょっと悪いと言いつつも、聴力的にもまだ補聴器を勧められるレベルではないようですし、いつも静かな環境にいられる事や、一言も聞き漏らす事はできないような営業とか、会議の多いような仕事でもなく、まだまだ補聴器は遠い存在に思っております。

なので、補聴器に関しては、ごく初歩的な知識しかありません。
耳あな形、耳かけ形、ポケット形、と形はいろいろあるようですが、
最近は、よく目にする通販の商品からしてもめだたない耳あな式が多いのでしょうか?

今日、病院で80才すぎているでしょうか?
おばあさんが家族に手を引かれて診察室に入っていきました。
そのおばあさんは、ポケット形の補聴器を首にぶらさげていました。

年令からすると、めだたないようにとこだわる必要も感じなかったのでしょうか?
耳あな形は、操作がむつかしいからでしょうか?
耳あな形は、値段が高かったからでしょうか?
耳あな形では、カバーしきれない程の聴力なのでしょうか?
理由はわかりません。

しかし、ふと思いました。
今、会話する度にいちいち難聴と説明するわけにもいきませんし、
聞き直すのもはばかられるような時は、適当に返事してしまう事も。。。
そんな時、胸元に補聴器がぶらさがって、耳にイヤホンがつながっているのがいやでも見えれば
「この人は難聴者」
というのが一目瞭然。
もし、補聴器がいるようになったら、このおばあさんのように補聴器を首からぶらさげてみようかしら。
今時の女子高生がケータイぶらさげているノリで〜(^-^;
[PR]

by osha-p | 2004-11-27 21:48 | 耳鳴り・難聴
2004年 09月 25日
やまびこの耳鳴り
プロフィールにも書きました通り、11年前から耳鳴りはずっと続いております。
365日24時間営業休みなしと超マジメなのであります(^-^;

お医者さんは、たまに聞きますよね
「で、どんな音がするの?」
ん〜〜〜ココでいつも悩む、ナヤム(-"-;)
人の口で表せるような音じゃあない。

しいて言えば、血液が血管を流れるような音でしょうか。
これは左で、どんなうるさいところでも聞こえる耳鳴りです。
右は左より低音で音は小さい事が多いですが
右は閉塞感がうっとおしいですな。

さて、以上が基本の耳鳴り。
最近あるのが、プラスやまびこのような耳鳴り。
たとえば、家電が何か作業が終了した時にピ、ピ、ピって音がするでしょ、
その音に反応して基本の耳鳴りに加えて近い音域で金属音に変換したような耳鳴りが。。。
反応する音は、リクルートメントがおきやすい音とか、バタンという大きい音。
外から「ヤッホー!」と聞こえたら
耳の中の壊れかけのラジオがちゃ〜〜〜んと「"ヤ"ッ"ホー"」と答える。

何もそこまでマジメじゃなくったっていいのにネ、、、(^-^;
[PR]

by osha-p | 2004-09-25 22:45 | 耳鳴り・難聴
2004年 09月 08日
聴覚の人工器官
  2004年8月25日(水)
    聴覚の人工器官   
No.29
8/25の朝日新聞の朝刊に
「脳に迫る(2)」で聴覚の人工器官に関する記事が掲載されていました。
蝸牛に電極を入れ、電気信号に変換した音を聴神経に伝える「人工内耳」
の他にも人工内耳程の効果はまだないらしいのですが、
「脳幹の蝸牛神経に直接音の電気信号を伝える新型の聴性脳幹インプラント(ABI)」
というのもあるそうです。ABIは病気や事故で聴神経が切れた人にはいいようです。

去年、いい方の耳にも閉塞感が続くようになってから
(閉塞感のある時は、わかりにくい時もあるけど低音で耳鳴りがあります)
その前からいい方の耳の聴力も今ひとつだという事はわかってはいましたが、
蝸牛症状がほとんどなかったために実感はなく、
閉塞感が続くようになってから
「このまま聞こえないようになるのだろうか」
と思う事もありました。

ある時、病院の診察を待つ場所に人工内耳の説明が書かれた
ポスターのようなモノが貼られているのに気がついたんです。
「最後の最後には人工内耳という手があるかもしれない」
その頃、現状の変化にどう対応したらいいのか、
自分なりに聞いたり、調べたりしました。

「メニエル号」という電車からは降りる事はできないかもしれない。
けれど、終着駅までゆっくり、ゆっくり進むのかもしれないし、
途中の駅で長く止まっているのかもしれません。
終着駅に着いたとしても、
その時はメニエルのめまいからは開放され、
人工内耳で、コミュニケーションが可能となる、、、。
そんな風に心の底から納得できるまでには、
まだまだ時間がかかりそうですが、、、(^-^;
[PR]

by osha-p | 2004-09-08 21:19 | 耳鳴り・難聴