カテゴリ:薬・検査・治療( 47 )

2012年 10月 14日
OAE-再検査かも?
その後もいくつかコメントをいただきましてありがとうございました。
さて、このブログは、メインサイトの連絡的役割と、ボチボチと個人的な記録的なものぐらいになるかもしれませんが、いまのところそのままにします。
風のふくまま、気のむくまま?(^_^;)
b0022379_238149.jpgOAEの検査結果について、よ~く聞いてみました。
この検査をした時には右については、先生は何も言わなかった覚えだけど、これを見て、
「ちょっと出方がにぶいね~、もう一回検査しようか、、、、、こんど状態が悪い時にしましょう」
外有毛細胞の働きが悪いと響きやすいらしいけど、不快なほどに響くのは聴力が変化する時らしいです。
だからか?右が今どおって事ではなく、あいかわらず左の強い症状に隠れるようにして右も症状があるのは今始まった事でもなく、
だからどうするとかもないんですけどね、、、(^_^;)
外有毛細胞の働きは聴力に直結するわけじゃないけど、無関係でもないらしいし、、、
よくわからないけど、、、ちょっと注意しましょう、、、って思えばいいのかな(^_^;)


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-10-14 23:01 | 薬・検査・治療
2012年 09月 22日
バゾプレッシン=抗利尿ホルモン(ADH)
b0022379_21523260.gif
下記は2006年8月に、抗利尿ホルモンについて書かれたところをピックアップしたものです。
今さがせばもっといろいろな記事がみつかるのかもしれませんが、、、
下ででてくるADHを打ち消す薬はたぶん心不全の薬で要入院のようですね。
私はADHが上限より23%多かったんですが、先生に「ストレス?」と聞かれ、
「さぁ~???」と答えて終わりでした(^_^;)
ただ、めまい発作がでた後に、イソバイドを私が早めにやめようとした時に
先生は「ADH高いからね~」とちょっと気にされていました。
このあたりの事は、まだいろいろな考えがあって、実になるかならないか?まだまだこれからの事なんでしょう。
でも、どちらにしてもストレス対策が一番効果があるのでしょうね。

===========================================
「めまいはこうして治す!」(株)二見書房     
著者  東京厚生年金病院 耳鼻咽喉科部長    石井正則 2006/2/25初版
==================================
メニエール病の患者さんのストレスホルモン(視床下部・下垂体系ホルモン)を測定すると、統計的にきわめて高い数値を示すことがわかりました。これは私が10年ほど前に200人以上のメニエール病の患者さんを3年間にわたって調査した結果、わかったことです。ただ、このなかで現在では否定せざるをえないものもでてきました。それは当時の研究結果から、ストレスホルモンのなかでもバゾプレッシン=抗利尿ホルモン(ADH)が著しく高かったものですから、これがメニエール病の原因だと提唱したのですが、その後の研究で、当初の考えとは違う結果が出てきました。というのは、7~8年前にADHを打ち消す薬が開発され、患者さんの了解のもとに使用したのですが、めまい症状はおさまらなかったのです。逆に、メニエール症状の出ていない患者さん8名にADHを上昇させる処置をしましたが、メニエール病の発作は起きませんでした。さらに、メニエール症状の出ていない成年男子500人以上に動揺病の誘発実験に協力してもらい、ADHを正常の20~50倍まであげたのですが、誰ひとりとしてメニエール病の症状を起こしませんでした。これらのことから、メニエール病にストレスが関係していることは明らかですが、ADHは原因ではなく、結果であるということがわかったのです。メニエール病の治療には、原因ではなく結果であるADHを下げても有効ではなく、源となっているストレスを除去することが有効なわけです。

====================================================
「めまいの正体」 (株)文藝春秋  文春新書 著者 神崎 仁 
平成16年10月10日 第2版発行
====================================================
では、その内リンパ水腫がなぜできるのか。以前より種々の説がありますが、確定的なものはありません。水分・塩分代謝の障害説、ストレス説、自律神経障害説、アレルギー説、ウィルス説、自己免疫説、内リンパ嚢機能不全説などです。
これらのうち私が注目しているのがストレス説です。最近、竹田教授(高知医大)らの研究により血中のバゾプレシンというホルモンがメニエール病の患者で高値を示す事がわかってきました。ストレスを受けるとこのホルモンが増加し内リンパ水腫をおこすのではないかといわれています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-09-22 22:02 | 薬・検査・治療
2012年 09月 11日
3D-FLAIR 3D-real IR by 3T MRI
b0022379_21213547.gif内リンパ水腫が、3teslaのMRIでわかるようになったのはいつごろだったのか?
このブログでたどってみると、2008年に病院で聞いた、、、とありました。
聞いた、と言っても、やりたいから、というのではなく、新しい治療の話題として話したのであって、
1週間も入院して検査だなんて、ちょっとびっくりでした。
ある文献でサンプル画像はみた事があるのですが、すごくぼやっとしているので、素人にはそのままだとわかりません。(^_^;)  (もちろん、このイラストのようには見えません(^_^;)
私の体感は、内リンパ水腫はいつもあって、メニエルの回転性のめまい発作は、
古い考えで言うと、ライスネル膜が破れる時、
新しい考えで言うと、外リンパのカリウムが内リンパに混入してイオンの急激な変化が起こる時、、、な感じです。
だから、画像にはでてくるかな~?とも思うのですが、
だからと言って、1週間も検査したらいろいろ期待したくなるとは思うのですが、
聴力も、前庭機能も、耳鳴りやら閉塞感やらの症状もすべてが元通りに戻る画期的な治療はないんですよね。
もう、何年もこの状態だし、めまいは軽くなったし、しっかり諦めきっているというか、、、(^_^;)
この検査が必要だと思う時は、いい方の耳がおかしくなった時ぐらいかな?
でも、たぶん、そんな事はなくて、ずっとこのままなんだろうな、と思えますけどね。(^^)

追記
遅発性内)リンパ水腫の人は、この検査でめまいの原因が難聴側か健聴側かはっきりわかる事によって(たとえば難聴側がめまいの原因で難聴の程度が高度であればゲンタマイシンを使うとか・・・)こういう治療方針がたてられていいのだそうです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-09-11 23:25 | 薬・検査・治療
2012年 08月 07日
リンネ試験とウエーバー試験
b0022379_21274694.gif掲示板の方でありましたが、音叉をおでこあたりにつけてどんな風に聞こえるかという検査はウェーバー試験と言うらしく、私も前に1回やりました。
リンネ試験
頭上につけるウェーバー法は私はいい方の耳で聞こえましたが、両耳の聴力の左右差が少ないと頭全体で響いて聞こえるんですね。確かに聴力の左右差が明らかにあるかどうかが簡単にわかるいい方法かもしれません。

「病は気から・・・」といいますが、
この言葉の重みをわからないで、昔からそう言ってるからとの受け売りだけで言ってる人からは、
人の心に響かないのかもしれませんね。
本当に体験して真からわかって言ってるとしても、うまく伝わるとは限らないし、
本で書かれていたぐらいでは、なかなか真からは理解できなくて言葉の上っ面を読み流して終わってしまいます。
ただ、同じ辛い体験をした人の言葉は、同じような体験者の心に響く事が多いのでしょう。
たかが「気」されど「気」、、、いちばん難しいターニングポイントなのかもしれませんね。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-08-07 22:26 | 薬・検査・治療
2012年 06月 08日
メニエール病の聴力検査の一例
b0022379_21363036.gif耳鼻咽喉科疾患ビジュアルブック
の中のメニエール病の解説の中でのメニエール病の聴力推移の一例だそうです。
私の印象としては、4年後とか15年後とか数字が入っていますが、この数字には個人差がもっとあるだろうな、とは思いますが、ゲンタマイシンとか外科的治療をしなければ、なるほど、こんな感じなんだろうなと思います。
別の資料でもメニエール病は

●めまい症状は経過と共に改善
●発作回数5-6回/年から1-2回/年(10年後)
●聴力は<3年で低音部、>4年後で高音部、10年後には50-60dBで安定

などの報告があるようです。
こういう事を知らないうちは、両耳全然聞こえなくなったら・・・と思うと不安でしたが、
今は、先生もこのぐらいで落ち着くのでは?だし、実際あまり変動はありません。(^_^;)
ある時、先生に聾の人の前庭はどうなっているのか?聞いた事があるのですが、いろいろなんだとか。
すごく恐れていた事も、あ~なんとかなるのかな?とちょっと思えたのでした。
でも、たぶん少ない可能性なのかもしれませんが、両耳緑だと補聴器が必要になってしまうので、
悪い耳は緑でも、いい耳はせめて初期レベルにとどまってくれるといいかな。。。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-06-08 22:51 | 薬・検査・治療
2012年 06月 02日
耳音響放射 OAE の正常グラフがわかった
b0022379_1182428.gif
耳音響放射(Oto Acoustic Emission : OAE)
ある音を聞かせると内耳の外有毛細胞が反応して、その音に応じた小さな音を出す事が知られています。この小さな音を耳音響放射といい、耳音響放射 OAEは外有毛細胞に異常がないかどうかを調べる検査

という事で、以前検査した左耳の検査結果が左のグラフです。

黒線の線グラフが上の方でカラーの部分が下で間ができてればいいけれど、間がないので外有毛細胞は働いてないと聞きました。
耳鼻咽喉科疾患ビジュアルブック
という本に正常のグラフがあって、右です。
確かに黒線が上の方、カラーとの間があります。
私の右は、確かに空間もあって、特にお医者さんからどうとか言われてはいないのですが、
この正常グラフよりは黒線はずっと下、空間の面積もずっと少ない・・・
右はほぼ問題なしか?と思っていたけど、これが正常なんでしょうかね~???
正常も個人差でいろいろなのかもしれないし、まだまだよくわからないのですけどね・・・(^_^;)

続き
OAE-再検査かも?

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-06-02 11:23 | 薬・検査・治療
2012年 05月 05日
めまいのリハビリ2
前回めまいのリハビリのイラストです。
1)はやい横
  肩幅に前に伸ばした両手を左右交互に目で追う。
2)はやい縦
  肩幅に両手を伸ばし、片手は斜め上へ上げる。両手の親指を上下交互に目で追う。
3)ゆっくり横
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を左右に30度ずつ動かし、それを目で追う。
4)ゆっくり縦
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を上下に30度ずつ動かし、それを目で追う。
b0022379_22581132.gif



5)振り返る
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を見つめたまま頭を左右30度ずつ交互に動かす。
6)上下
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を見つめたまま頭を上下30度ずつ交互に動かす。
7)はてな
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を見つめたまま頭を「はてな」のポーズで左右交互に動かす。
b0022379_23403538.gif

8)立つ座る
  開眼でいすから立つ座る。閉眼でイスから立つ座る。
9)立位開脚
  足を肩幅にひろげて立って、開眼で30秒、閉眼で30秒
10)立位閉脚
  足を閉じて立って、開眼30秒、閉眼30秒
11)閉眼50歩脚踏み
  両手を肩幅に前へ出し、閉眼で脚踏み50歩
12)寝たり起きたり
  仰向けに寝て、頭を右に向ける。頭を上に戻して上体を起こす。
  仰向けに寝て、頭を左に向ける。頭を上に戻して上体を起こす。

8)~はわかりやすいので、とりあえずイラストは省略します。
また、時間のある時にでも、、、(^_^;)




みなさん GWをいかがお過ごしでしょうか?
イラストがやっとできました。(^_^;)
4月は例年そうなんですが、忙しかったです。おまけにいろいろストレスな事も多く・・・。
なので、メニエールの原因はストレス・・・という言葉の意味するところは、ストレスの大きさではないとわかるぐらいのストレスではありました。ストレスは生活していれば誰にでもあるので、それをどう受け止めるか?ストレスの影響が体調に、体のしくみにどれだけ影響するか?なんでしょうかね。(^_^;)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-05-05 23:49 | 薬・検査・治療
2012年 03月 31日
めまいのリハビリ
b0022379_21511590.gif前回の記事のコメントで紹介したようにhttp://med.wind.ne.jp/yutkkank/Images/heikou.pdf
-----ここから引用-----
「この運動は、めまいがまだ残っているうちに実行したほうが効果的です。寝ていると内耳のバラ
ンスの崩れに中枢が気づかないため、平衡機能の回復が遅れるからです。その他、中枢には失われた
平衡機能を肩代わりする代償作用がありますが、訓練はこの作用を高めてくれます。運動が無理なら、
起きる、座る、立つを繰り返すだけでもいい。とにかく早く動くことです」(馬場日本医大助教授)
-----引用ここまで-----
私はわりと代償がしっかり働くようで、デカ発作の後もふわふわ感は少なかったのですが、
メニエールでは内耳の聴力、前庭機能が戻る戻らないよりも、フワフワ感やふらふら感が残ってしまう方が日常生活的には支障が多いようにも思う事もあります。
そんな時には、めまいのリハビリはどうでしょうか?

-----めまいのリハビリ-----
1)はやい横
  肩幅に前に伸ばした両手を左右交互に目で追う。(イラストはこれ。ちょっと手を広げすぎですが、(^_^;))
2)はやい縦
  肩幅に両手を伸ばし、片手は斜め上へ上げる。両手の親指を上下交互に目で追う。
3)ゆっくり横
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を左右に30度ずつ動かし、それを目で追う。
4)ゆっくり縦
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を上下に30度ずつ動かし、それを目で追う。
5)振り返る
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を見つめたまま頭を左右30度ずつ交互に動かす。
6)上下
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を見つめたまま頭を上下30度ずつ交互に動かす。
7)はてな
  利き手の腕を前に伸ばし、親指を見つめたまま頭を「はてな」のポーズで左右交互に動かす。
8)立つ座る
  開眼でいすから立つ座る。閉眼でイスから立つ座る。
9)立位開脚
  足を肩幅にひろげて立って、開眼で30秒、閉眼で30秒
10)立位閉脚
  足を閉じて立って、開眼30秒、閉眼30秒
11)閉眼50歩脚踏み
  両手を肩幅に前へ出し、閉眼で脚踏み50歩
12)寝たり起きたり
  仰向けに寝て、頭を右に向ける。頭を上に戻して上体を起こす。
  仰向けに寝て、頭を左に向ける。頭を上に戻して上体を起こす。
----------------------------------------------------------------------

イラストがあるとわかりやすいと思うので、時間がある時にでもつくってみます。
このイラストは最初の1)はやい横 です。
イラストの元ネタはあるのですが、あるいはこのようにアニメーションgifにするのかわかりませんが、
少々編集しなくてはならないので、のんびり?お待ちください(^_^;)

イラストできました。→めまいのリハビリ2

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2012-03-31 22:30 | 薬・検査・治療
2011年 09月 04日
すごくいいらしい?
b0022379_22414555.gif4月に再びSOD療法をはじめて5ケ月がたちました。
元々体は丈夫なためか?ずっと続けていたアデホスなどのメニエール定番的薬をやめた事もSODのタチオン、ムコスタをはじめた影響も特に体感するモノはありません。(^^;;
以前、8年ぐらい前にタチオン、ムコスタ、ビタミンCを服用して1年弱の時の血液検査の結果がコレです。
素人判断で、タチオン(肝臓の薬)が効いてるから???なんて思っていました。
先日の診察の時に先生に見てもらったら、これら肝臓の数値は40~50ぐらいは普通、3桁あるとやばい、お酒をのまなくても忙しくしていたりするだけでも悪い結果になるとか。
それにしても、これ、すごくいい数字らしい。
普段の数字は知らないけれど、タチオンがすばらしく効いているか?、内耳はストレス(生活?)の影響でやられたけど、肝臓は全然丈夫って事になる???


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-09-04 23:00 | 薬・検査・治療
2010年 10月 02日
チューブは気圧に対して・・・?・・・2
b0022379_2385033.gifチューブをすると気圧に対して敏感になるのは何故か、と先生に聞いてみました。
内耳には耳小骨がつながっている卵円窓とその下に正円窓があって、
チューブの開けたところから、正円窓に影響するのかな?という事でした。
・・・っていう事は、、、低気圧が来る時がダメだったという事は、、、
正円窓の方に外リンパが引っ張られて、
その分、内リンパが膨張してライスネル膜の破壊かイオンの変化がおきるとか???

おっと、でも、チューブで気圧に敏感になる人は、めったにいなさそうなので、特殊事情かもしれませんので・・・(^^;;


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2010-10-02 23:19 | 薬・検査・治療