<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 27日
めまいの時の裏ワザ!?
b0022379_22541753.gifメニエルの典型的めまい発作が起きてしまうと途端に動けなくなってしまいます。
だから、どうしようもなく突然やるべき事をドタキャンしてただひたすらめまいが治まるまで寝ていないといけません。

コレがいやであれこれ治療に工夫したり、生活を改めてみたりするものの、残念ながらめまいはやってきてしまう時もあるんです。。。
そうなったら、しかたがない、急がば回れ!?、、、

「あっ、めまいだっ( >o<) (@o@)」
私の場合は必ず、頭の中で何かがぶちっと切れたように突然回転性めまいがはじまります。
めまいは自発性、、、つまり頭の向きとかどう動かしたかとかに関係なく突然はじまります。
「突然」だからそれまで動いていた勢いでとにかく寝れる場所に移動。
(トイレにも行っておくとなおgood(^-^; )
場合によっては、トラベルミンを飲んでおくと気持ち悪さが少し楽になりました。
目にタオルなどをかぶせてもらって、徹底的に光をシャットアウトしないとどうにもたまらん、という時もありました。

で、なんとか横になりますね。
そこからです。
寝るまでは目をあけている事もあって、景色が回っていたり、流れていたりするのですが、寝て、目をつむります。
そして、体の力をぬいて、ぬいて、ぬいて〜、、、、、
気持ちをらく〜にして〜、、、
それまで景色がまわっている、だったのを、、、
「すっ」と気持ちを切り換えて、「自分の体がぐるぐるまわっている」と感じるようにします。(この切り換えが大事)
空飛ぶじゅうたんに乗って空でぐるぐるまわっている感じ。
空飛ぶじゅうたんの旅にでましょう(^-^) ってそんなに楽しいものでもなくつらいモノはつらいのですけどね(^-^;
「景色が回る、流れる」=「自分の体がまわる」なのです。
そうすると気持ち悪さが少しはマシになって、寝ていなければならない時間も少しは短くなってくれたように感じています。

NHK Qブック「めまい耳鳴り難聴メニエール病」によると、めまいは20分から2時間程度とありますが、めまいが治まってからさらにそのまま寝ていた方がいいかもしれません。めまいが治まったからといって、あせって動いてしまうとぶり返してかえって時間がかかった事もありました。ただ、あまり寝てばかりいると代償が働かないので、そこそこで動いた方がよさそうです。(^-^)v

さて、あなたの裏わざは???

めまいの時の普通技に続く…
[PR]

by osha-p | 2005-02-27 22:55 | めまい
2005年 02月 23日
自律神経訓練法
過去を振り返れば、私に処方されていた薬は、内耳の血液循環をよくする薬とか利尿剤ぐらいのものでした。薬から見た過去歴

安定剤ってどうですか?なんて聞いていたころは、まだ知識がなくてどこかにメニエルの治療として安定剤って書いてあったのに私はまだのんだ事ないからどうかな〜?ぐらいの軽い気持ちでした。
でも、状況はめまい頻発傾向で
「何とかならないかな〜」
という気持ちは強かったのですが、さあ、じゃあ、何だ???って事で思いついたのがとりあえず安定剤です。

しかし、「あなたは、必要ないでしょう。」でした。
まぁ、そのころは9年目ごろで回転性めまいのベテラン?でしたから、、(^-^;

「じゃ、自律神経訓練法でもやってみるかな・・・」
大ベストセラーだった『脳内革命』の影響です。
基本的にメニエール病は自律神経失調症の仲間で自律神経の不調が難聴やめまいといった点に集中して起きると知ったのはそのちょっと後の事なのですが、メニエールが自律神経の不調が耳にくる事から考えればそう的外れではなかったかも。(^-^)v
安定剤にしてもそういう効果を期待できるので、お医者さんの考え方次第では処方されたのでしょう。また、安定剤は前庭代償を促進する効果もあるとか・・・。

でも、転院やら何やらで結局自律神経訓練法はやってないのです・・・(^-^;b0022379_22493920.jpg
[PR]

by osha-p | 2005-02-23 22:54 | 薬・検査・治療
2005年 02月 18日
両耳だけれど・・・
b0022379_22363623.gif
最初の9年はメニエルの症状は左耳だけだと思っていました。多くのメニエルさんがそうであるように、いい方の耳にもメニエルの症状が現れる事も心配な事の中で大きなウェイトを占めていました。

9年目の時、ある時から「脳がめまいに慣れて」めまいが軽くなったのはいいのですが、めまいが頻発するようになりました。聴力は確実に悪くなっていました。いい方までも。
そうこうしているうちにいい方の耳にも耳鳴りとか閉塞感とかが無休状態に(>_<)

う〜〜〜ん、これからどうなるんだぁ〜???

と、いうわけで当然ながら自分の現状を理解したくて自分のできうる範囲で調べまくりました。で、わかったんですね(私なりにだけれど・・・(^-^;。自分の過去歴からいってなるべくしてなったのかもしれないと・・・。よくよく見たら初期のころの聴力検査は、いい方の耳だって低音が低めだったんですね。お医者さんに言われなかったから、気がついてなかっただけ。お医者さんだって、患者を不安にさせるかもしれないような事をあえて言わなかったのでしょう。

でも、よくよく考えてみれば基本の治療は、耳に直接何かを施すような事はありません。
それまでいい方の耳が放置状態だったかといえば、そうではない。
基本的にメニエール病は自律神経失調症の仲間で自律神経の不調が難聴やめまいといった点に集中して起きるらしいのですが、私の場合、同じ人間σ(・_・ )の体の中にある耳だから左右に大きな違いはなかったかもしれない???

9年目にめまいが頻発してはじめていい方の耳の低音(&高音)が悪い事に気がついたワケです。そうなると、すぐにでも両耳聞こえなくなるの?の勢いであせってしまうんですよね。お医者さんは
「すぐには悪くなりませんから・・・」

その言葉通り今のところ急激な変化はありません。
これからどうなるかはわからないけれど、
今の状態で安定ならば、私にとってはメデタシ、メデタシかな〜?(^-^)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2005-02-18 22:40 | 徒然
2005年 02月 09日
蜂の子
b0022379_20485773.gif
秋になると、絵のような蜂の巣が3〜5枚入ったのが売っています。

その蜂の巣から蜂の子を楊子でちょいちょいと出します。
なかにはもうハチの形をしたのもいます。

そして、佃煮にします。

おいし〜んだな〜!これが! (*^o^*)
私はこっちの方がいいのだけれど・・・(^-^;

以前、友人の家でごちそうになりました。
蜂の巣が3〜5枚入ったの、しっかりは覚えていませんが、
6000円〜8000円ぐらいはするって言ってたかな〜?
カプセルも高いハズです〜(^-^)
[PR]

by osha-p | 2005-02-09 20:56 | 薬・検査・治療
2005年 02月 08日
平衡機能検査3
平衡機能の検査2
1.両足をぴちっとそろえて立つ「両足直立検査」
2.両足を前後に一直線上に揃えて継ぎ足立ちする「マン検査」
3.片足で立つ「単脚直立検査」
で目を閉じた状態で何秒立っていられたらいいかは、年令とかによって様々なので特に基準値のようなモノはないと聞きました。
もっとも、目を閉じれば普通の人でもふらつきはでるようです。
身近な人にもやってみてもらって自分と比べてみるといいかもしれません。
意外と「そんなに変わんないじゃん(^-^)v」
と感じるかも。そうだとすれば内耳の機能低下も少しでとどまってくれているのかもしれません。

この検査、すぐできるようで病院でやったのは大学病院へかわってからの事でした。
ふらつきが大きいとわかった医師はイラストのようにしてくれたのですが、、、、お医者さんの腕の中でそうそう倒れるワケにはいきません(^-^;
b0022379_2221912.gif

平衡機能検査1
平衡機能検査2
[PR]

by osha-p | 2005-02-08 22:01 | 薬・検査・治療
2005年 02月 07日
心因性めまい
内耳を原因とするめまいは、突然片側の内耳の前庭の機能が低下して左右の前庭からの情報が違ってきて脳が混乱する事により起こります。

内耳を破壊すると、破壊した側の内耳からの情報はなくなり破壊しない側の内耳との情報が著しく違ってくるために脳が混乱して眼振が引き起こされます。

こんな実験があります。
内耳破壊して眼振が引き起こされていたウサギの眼振が治まったころ(3週後ぐらい)に大脳辺縁系の海馬に電気刺激をするとそのウサギが起こしていたのと同じような眼振が誘発された、というものです。もともと海馬を何回か刺激すると眼球運動が起こる事はわかっていましたが、内耳破壊ウサギはより早期に眼球運動が誘発されるとの事です。

すなわち、過去に起きためまいに関連する言葉を聞いたりするような刺激で記憶に関係する脳の「海馬」に刺激を与えると海馬-視床下部-脳幹平衡中枢の経路の交感神経の活動を強めて平衡失調を誘発したり増大させたりするというのです。(下の図のA型)
  
           A型
大脳辺縁系 <-------------->大脳皮質
(特に海馬) <-------//----->(特に側頭皮質)
  |        B型       |
視床下部               聴覚系
  |
脳幹平衡中枢          
  |
眼運動系・体平衡系・自律神経系   


・・・と、いう事は、はげしいめまい発作を経験したものならば、その体験への不安から海馬を刺激して交感神経の活動を高めてA型平衡失調が起きるのもなんら不思議はないかもしれません。「心因性」というと自分からは遠い存在であると思いたいモノかもしれませんが、そう特別なものでもないのかも。

最初は、心理的刺激に反応しないB型の人もなんらかのきっかけでA型になるケースもあるそうで、そのきっかけとは

1.医師への不信感
2.肉親の死
3.職場復帰の不安感
4.職場での疎外感

などだそうです。

参考図書 『めまいの科学』檜 学 著   朝倉書店発行

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2005-02-07 22:23 | めまい
2005年 02月 04日
平衡機能検査2
b0022379_2253254.gif
目をつぶったらふらつく時は障害のある方へかたむきやすい、片足では障害のある側の足で立つとふらつきがひどい、片側の内耳の障害の時は左右にゆれて両側だと前後にゆれやすいなどの傾向はあるようですが、私がやってみた感じでは必ずしもいつも同じ感じではないような???
それでも、どちらかっていうと左に倒れる事が多いでしょうか。意外と多いのが、後ろにひっぱられるようになる・・・って事は右も今イチかも???
体重計のようなのにのって検査する重心動揺検査だと客観的な数値により、目でみるだけよりはより具体的に方向性がわかるようですね。
って言ったって、目をつぶって5秒じゃ、、、せめて30秒は立っていないといけないようで・・・(^-^;

平衡機能検査1
平衡機能検査3
[PR]

by osha-p | 2005-02-04 23:04 | 薬・検査・治療
2005年 02月 03日
平衡機能検査1
b0022379_2134580.gif
めまいの検査の中に「直立検査」があります。
1.両足をぴちっとそろえて立つ「両足直立検査」
2.両足を前後に一直線上に揃えて継ぎ足立ちする「マン検査」
3.片足で立つ「単脚直立検査」
が、あります。
目をあけた状態と、目を閉じた状態で比較します。

身体が平衡を保つには
1)三半規管と前庭(抹消前庭系)
2)眼
3)深部感覚器(骨膜、筋肉、関節などにある)

なので、目を閉じると目からの情報がないので障害が大きくでます。
私の場合は、左前庭がかなり悪いため、目をつぶると5秒と立っていられません。
障害、、、ではあるのでしょうが、左右の前庭機能に差があっても、脳はうまく調整してくれるので(前庭代償という)日常生活に大きな問題はありません。
このように、1〜3の情報に多少のあやまりがあっても脳は上手に調整してくれるので、めまいを感じずにすみます。
疲労、不安、うつ傾向、神経症、睡眠不足などがあると、脳の調整作用が弱くなってしまうそうですので、そういう点にもよく気をつけて「脳」にしっかり働いてもらうようにしましょう(^-^)

この検査、家でもできるので一度やってみてはどうでしょうか?

目をつむると、立っていられない私は黙とうだけはダメのようですが、
そういう時は、ちょっとうす目で許してもらえるでしょうか。(^-^;

平衡機能検査2
平衡機能検査3
[PR]

by osha-p | 2005-02-03 22:58 | 薬・検査・治療