「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007年 07月 29日
なにかと結局は個人差が大きいらしい・・・
b0022379_21254022.gifまぁ、すぐにはしないまでも、いつかはしっかり検査してみたいとは思ってはいるのですが、
それにしてもこの病気、検査結果で同じ数字だからといって同じ症状とは限らないみたいです。
「ストレスとか精神的なものとか膠原病のような・・・とか、・・・いろいろからんでいるから・・・遺伝とか・・・・・」
(すいません、きちんとは記憶してないので・・・(^^;;
誰かによかった治療だからといって他の方にも一般にいいとは限らず、あくまでも個人個人の症状にあわせた対応が必要のようですが、いろいろな条件がからみあって症状も様々では医療現場では悩ましい事も多いのかもしれません。(今の私の活動?の一部の話も通じるお医者さんなので、そんなような会話もあったりもしました)
お医者さんまかせではなく自分自身で病気の事をよく理解し、自分の症状を客観的によく観察して、自分自身でもなんとかしてやろうという気持ちも大切なんでしょうね。

暑くなってきましたね。今日は泳いできました!
あした、筋肉痛かな~(^^;;
[PR]

by osha-p | 2007-07-29 22:05 | 徒然
2007年 07月 29日
どうしようかな?
b0022379_23534411.gif私はめまいの検査ってたいしてやってないんですよね。カロリックテストの後にもめまいの頻発期があったので現状かどうかはあやしいし。
目をつむったら、すぐにでもぐらぐらしだし、立っていられないこのレベル。いったいどんなレベルなのか現状が知りたいような・・・
「じゃー、一度検査してみましょうか?」とお医者さん。
でも検査は平日なんですよね。
平日は仕事があるし、自分で行けば片道電車で2時間。車で1時間半。
(いつもは土曜日。運転手付なので玄関前で降りられて1時間強でおっけー(^^;;)
現状普通にくらせるしな~、
だいたいでいいから、こんなもんですよ~ってわからないかしらね~?
[PR]

by osha-p | 2007-07-29 00:12 | 徒然
2007年 07月 25日
宿題できず・・・(^^;;
b0022379_21513343.gifメニエールになってまだ最初のころ、お医者さんに
「外出中にめまいがしたら、どうすればいいんですか?」
と尋ねたことがあります。
「頭をうごかさないようにすればいいんですよ・・・」
でした。
ある時、、、、よし、ためしに、、頭動かさなければいいのだから、、、
と、すわってしばらくじっとしていましたが、ダメでした。
じっとしてるつもりでも頭が動いてしまうのか?
あ~そういえば人が立っていられるのは、目と筋肉と内耳の情報をインプットして倒れないように筋肉を動かすように脳が指令をだしてるんですよね。
じゃ、頭を壁で支えて、、、1点はあやしいかな?
2点で支えればいいかも?今度試してみよう、、、と思いつつ、、、
そうこうしてるうちに耳がデカ発作を感じる事ができない耳となってしまいました。
2点で支えればかなりいいかなと思ったんだけどな?
ざ~んねん???(^^)/
[PR]

by osha-p | 2007-07-25 22:01 | めまい
2007年 07月 24日
逆転の発想?
b0022379_21411762.gif最後のめまい頻発期からもう5年ぐらいたつんですね。その時はもうすでにめまいは軽かったし、その後1年は安定はしてませんでしたが、そのころと今とではめまいへの不安は雲泥の差です。
きちんと薬をのんでいても、睡眠不足に絶対ならないように気をつけていても
何をやってもダメなときはダメ、前兆もない私でしたが、、、、、、

たぶん大丈夫だろうといちばん確信できた時は、、、
それはデカ発作が完全に治まった直後だったかも、、、(^^;;
[PR]

by osha-p | 2007-07-24 22:58 | メンタル
2007年 07月 21日
For ear・・・♪
b0022379_0144575.gif耳鳴りにいいモーツアルト・・・という事で、CD付の書籍とかがあったようですが、残念ながらそのあたりには縁がありませんでした。
TVを消したら雨音だけ・・・そういえば、ある人が耳のためにセレクトしてくれたCDがと思い出し・・・♪~♪~♪~心にもいいかも(^^)/

フルートとハーブのための協奏曲 ハ長調
ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調
ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調第3楽章
クラリネット5重奏曲 イ長調 第3楽章
ピアノソナタ第11番 イ長調 第3楽章
ノクターン
ジムノペティNo.3
ジムノペティNo.1
タッタン人の踊り

あっ、このブログ、アニメーションgifはできますが、音はでないのであしからず・・・・・・(^^;;
[PR]

by osha-p | 2007-07-21 00:30 | 耳鳴り・難聴
2007年 07月 16日
治療がめざすものは?
b0022379_13204595.gif以前の記事を絵にしてみました。

「あきらめ上手は生き方上手」の「あきらめる」からは、マイナスイメージかもしれませんが、私は内容は非常に前向きに思いました。内容をまとめようかと最初は思ってたのですが、、、ちょっとどころかかなり?文才がないので今のところは割愛させてください(^^;;

メニエルになったなら、最初のうちならば正常のところまで聴力と前庭機能が戻るかもしれない。
最初から、あるいは何年かすると聴力も前庭機能も元の位置まではもどらなくなってしまう事も多いですね。
目をつむって、足をそろえて立つと5秒もじっとしていられない程度の前庭機能の私ですが(視界でバランスを保っている)、けっこう普通に生活しています。

こうなったら、何をめざせばいいのでしょう?
聴力と前庭機能が正常値に戻る事でしょうか?
聴力はいいにこした事はありませんが、聴力と前庭機能が低下したままでも(完治はあきらめるという事になるかも?)自分の現状を受け入れて日常生活に支障がでないようになれればいいですよね。?(それが難しいのかもしれませんが・・・)
めまいにこだわらず海馬を刺激しないのもひとつのいい方法かも???
↓の記事「”こだわらない”と”あきらめ上手”」から思い出しました。
私は少しぐらいの機能の変化ぐらいなら脳が調整してくれてるようです。(↓の記事)多少のストレスや睡眠不足でも私の内耳機能の左右差を脳は調整してくれるようです。どうやら脳の調整能力の貯金が多くて多少の脳の疲れにも大丈夫なんでしょうね。何がいいかは個人差がすごくあり、選択肢はいろいろあると思うのです・・・。
[PR]

by osha-p | 2007-07-16 22:23 | メンタル
2007年 07月 15日
台風が近づいてきた
b0022379_0581166.gifこの絵、覚えがある方もみえるでしょうか?同じ絵つかってゴメンなさい。
メーラーでトラぶって、すったもんだ、、、フォトショップどころではなく、、、(^^;;

台風が近づいてきましたね(我が家のあたりは・・・ですが)
気になるのは、気圧がけっこう低いことです。
私が台風に弱かった条件は、気圧が低くなる変化する時かな?と思うので、
台風の気圧が低いとそれだけ変化も大きいですよね。

な~んて話をしていたら、ツレも覚えてて
「そうだったね~」なんて。
今はそういうのはないみたいです。チューブいれてたのも大きかったかな?

メインHPメニエルさんたちのおしゃべりパーティー
[PR]

by osha-p | 2007-07-15 01:06 | めまい
2007年 07月 11日
「こだわらない」と「諦め上手」
b0022379_22212118.gif「あきらめ上手」というのは、自分自身でもなんとなくストレスを少なくするコツなのかな?とおぼろげに思っていました。メニエルの点でいうといまだに耳鳴り閉塞感はすごい状態ですが、治そうとはこだわっていないからか?別の事に意識がいくからか?共存しています。(^^;;(この点は完治はあきらめたということかな?)

あるめまいに関するメルマガでこういうのがきました。

あるお医者さんが本に書いていたのですが。
病気が治る3つのタイプ、として
1 病気を諦めた人
2 病気を忘れた人
3 他人のことばかり考えている人

また、お医者さんからいただいたメールを見直していたら目にとまりました。
このお医者さん自身もメニエルさんです。

「私は、今でも症状改善にいちばん有効なのはトランキライザーだと思っています。自分でも調子が悪いときに一錠服用するととても楽になるのが実感できます。
それから、病気を完治させようという強いこだわりを持ちすぎないことが大切だとも思っています。
めまいはメニエルであろうがなかろうが、自律神経失調傾向の性格、体質が基礎にあるので、それを自覚し、自分自身の一部と思って開き直ること、上手に付き合うことが大切と患者さんに説明しています。」

そして「あきらめ上手は生き方上手」という本をみつけました。
[PR]

by osha-p | 2007-07-11 22:21 | メンタル
2007年 07月 10日
原始時代の体と心になる!?
b0022379_22255129.gif土曜日に図書館で「プチうつ気分にさよならする本」PHP研究所 下園壮太著を借りました。
この手の本の内容は自分の物事に対する受け止め方をふりかえる、そして修正するのに大変役にたつような気がします。

メンタルな病気でなくったって、緊張する場面では心臓がドキドキするだろうし、気になる事があれば眠れない事だってあります。どう心が感じてるかでどう体の働きが変化するのか自分ではどうしようもない時もあるし、変化がきわだってないとわかりにくい事かもしれませんね。

「プチうつ気分にさよならする本」では、人間の歴史では原始時代のような生活が圧倒的に長いので、人の体は原始時代のような生活に適応するためのプログラムが生活習慣だけでなく考え方にもそのまま残ってる、、、、との事。(考え方の点は同著「あきらめ上手は生き方上手」もちょっと参考)

日が昇ったら活動し、暗くなって疲れたら眠る。
せいぜい100人程度の人の中で、ある出来事に対してどう対処するかというのが今の人の考え方のベースになっている・・・。

今は誰もがせかせかと忙しく動き回り、TVにPCにと夜もなかなか寝ないで睡眠不足気味。昔に比べたら情報がありすぎて昔なら知らずにすんでいたであろう他人との比較がいやでも目につき、体や心が悲鳴をあげてるにもかかわらずがんばってしまう・・・。

「目がまわるような忙しさ」と言われるように、めまいがあるという事は体が悲鳴をあげているのかもしれませんね。

一度、生活習慣を見直して、本来の人の体のプログラムに素直にしたがってみてはどうでしょうか。考え方の対処「あきらめ上手は生き方上手」は次回?書けたら、という事で・・・(^^;;
[PR]

by osha-p | 2007-07-10 22:29 | メンタル
2007年 07月 07日
私の場合はけっこう単純かも?
b0022379_21501885.gif
私の場合はライスネル膜がやぶれた時には、メニエルの発作側の耳の機能はかなり落ち左右差が大きくなってデカ発作。普段も水腫状態だと思うのですが、水腫ぐらいの左右差ならば、多少の機能の変動があっても脳が調整して(代償が働いて)めまい感はなく・・・
b0022379_2150411.gif

ある時か?徐々にか?悪い方の内耳の「部品」が壊れ、、、機能が低くなってしまったようですが、いい方の耳の側から連絡している脳の平衡機能も悪い方にあわせてバランスをあわせてしまって低くなって、、、、こうなると悪い方の内耳のライスネル膜がやぶれようが左右差が前ほど大きくなく、、、で、めまいが軽くなった、、、、
と、考えるにいたりました。
たぶん、いい方の耳のライスネル膜が破れる事態になってもめまいは軽いのかな???
(めまいが軽くなってから、もしかしたらもう経験済みかも???)
もし、ちょっと違うんじゃない?という部分があれば指摘してください。

あっ、ガッチーニョ、ゴメンよ~、また描くの忘れた~(^^;;
[PR]

by osha-p | 2007-07-07 23:04 | その他耳関連