「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 26日
アンケート「めまい患者さんへの頭痛問診票」ご協力のお願いの途中集計~その4
耳鼻科医さんから聞いた「最近の臨床経験から感じられる片頭痛関連めまいの特徴」の続きです。

途中集計はアンケート「めまい患者さんへの頭痛問診票」の途中集計~その3の続きになります。

b0022379_23341349.gifアンケート「めまい患者さんへの頭痛問診票」ご協力のお願いの途中集計~その4です。

ある耳鼻科医さんによるアンケート「めまい患者さんへの頭痛問診票」の問20
「めまいと頭痛について何かコメントご意見をお願いいたします。(必須) 頭痛のない方はめまい以外でお困りのことをお書きください。」
にどのようなコメントが寄せられたのかを主催された耳鼻科医さんから伺いました。

めまい患者さんのコメントとそれに対する耳鼻科医さんのコメントの前回の続きはこちらです。

途中集計を最初から見るときは、こちらです。

アンケートはまだまだ募集中です。まだの方はご協力よろしくお願いします。
http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=13326
[PR]

by osha-p | 2009-05-26 23:34 | その他耳関連
2009年 05月 24日
養老天命反転地でよろっ!?
体のバランスは前庭、目、深部知覚の3つから成り立っており、片耳が悪いときには反対の耳が代償するようです。
両側の前庭が機能してない場合には耳からの代償は働かないので、目と深部知覚のみでバランスをとります。なので、明るいところで、地面に足をしっかりつけている状態では比較的バランスが保たれますが、暗いところや、動いているときにはバランスをとる事はむつかしいようですね。

私の場合は、片耳が悪いのですが、今のところ動いている時には別段なんともないとは思いますが、暗いところではバランスが悪いですね。私の場合は、目の役割は大きそうです。

b0022379_2246141.gif岐阜県の西の方に
養老天命反転地 というところがあります。PC画面がつらい人はこちらから

すり鉢状の土地の内側、斜めの土地に斜めの建物、いすなどが点在しています。
行って最初のころ、すり鉢の上の方はまだいいんですね。
回りの山や民家が見えて、上下関係がよくわかります。
だんだん、下に行きます。まわりの民家はみえなくなりました。
でも、斜めの土地でも植物は太陽に向って伸びているので、斜めがわからなくもない、な~んだ、なんて思っていたら、、、、、、、、
あれれ?よろ~・・・・・
なんで~???
すり鉢の底に到着していました。目からの情報が微妙に上下斜め関係がごまかされて、バランスがくずれてたんですね。これは、めまいというよりは平衡失調という感じ。

この養老天命反転地の一部が、坂田先生の「めまいは恐い」という本に掲載されています。

つづく・・・かもしれない・・・(^^;;
[PR]

by osha-p | 2009-05-24 22:57 | その他耳関連
2009年 05月 11日
聴覚過敏?補充現象?


その痛みは「うつ病」かもしれません―ストレス神話をくつがえす新しい考え方

を少し前に読みました。

「本来「うつ病」という病気はきわめて範囲が広く、精神面だけでなく身体にあらわれる症状まで様々です。そうした心身の症状は、脳の神経細胞が減少して、神経伝達物質が一時的に欠乏した事によって生じます。つまり、「うつ病」は心の病気ではなく、脳の病気、脳の神経伝達物質の機能障害であるというのが現在の一般的な考え方です。」

以前にも記事に書いた事があるのですが、
うつを「心の風邪」とか、心が何かおかしいようなイメージは何か違うんじゃないかと思っていました。
なので、一気に読んでしまいました。

b0022379_21112671.gifこの本には
「「音過敏」「光過敏」「嗅過敏」も「うつ病」の兆候」とあります。

メニエールでも蝸牛のトラブルによって、補充現象がおきるのですが、
私のお医者さんは、聴力が変化する時だといいました。
別の医師からも、ずっと長くひどいのが続く事はないというような事を聞いた事があります。

どこまでが補充現象でどこからが音過敏か?
蝸牛の有毛細胞のトラブルのみの影響なら、どうしようもないのかもしれませんが、
日常生活に支障があるぐらいならば、「脳の神経伝達物質の一時的欠乏」の影響も考えてみてはどうでしょうか?潜在的なうつや不安などがあると、身体症状がよりひどく感じられるそうです。
その部分での症状を軽減する事はできるのではないでしょうか?

うつ病に関連するセロトニンは聴覚の伝達、耳鳴の知覚にも関連が深いそうです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2009-05-11 22:21 | その他耳関連
2009年 05月 01日
ん・ん・ん?同じ回転性でも・・・
b0022379_233028.gif


もう5年ぐらいは前の事です。もうその頃には、私はめまいが軽くなって回転性は回転性でも以前のような立てない、動けない、頭動かせないめまいではなくなって2年ぐらいはたっていました。

そんな頃、寝ようと思って頭を布団におろす時、くる~っと回りました。
でも、回り方がいつもと違う・・・?あれ?・・・
ひょっとして・・・と思って同じ事を繰返してみました。
すると、だんだんめまいが軽くなっていきます。
は、は~ん、きっと良性発作性頭位めまいなんだ、これが。
同じ動きを繰返すとだんだんめまいが軽くなっていくのは減衰現象と言って、良性発作性頭位めまい症に特徴的なんだそうです。それと良性・・・のめまいはメニエールと同じ回転性でも素直にきれいにくるくる回る感じ。

メニエール病の人は普通の人に比べて良性発作性頭位めまいになる率が非常に高くて、その理由は内リンパ水腫によって耳石がはずれやすくなることが推察されているそうです。

メニエールという事でも、右を向くとめまいが、、、とか美容院、歯医者の椅子が、、、とかの話題が出る事も多いですが、ひょっとすると良性発作性めまいではないか?ちょっと疑ってみてもいいのかもしれませんね。
[PR]

by osha-p | 2009-05-01 23:44 | めまい