<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 22日
『「イラスト」めまいの検査』改訂第2版 日本めまい平衡医学会編 
b0022379_1541583.gifちょっと遠くの大きい図書館に行ったら、「イラスト」めまいの検査
 、、、がありました。
耳鼻科はめまいだけじゃないのに、めまいの検査だけでこんなにいろいろあるかと思うと先生は大変ですね。
大変と言えば、そろそろめまいの学会のようです。先生方はプレゼンつくりに一生懸命のころかと思います。がんばってください(^^)v




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-10-22 15:49 | 病院・医者・参考図書
2011年 10月 15日
脳脊髄液減少症
NHK news webより引用

交通事故の衝撃などで脳や脊髄の周りの髄液が漏れ出し、頭痛やめまいを起こす「脳脊髄液減少症」について、CTやMRIの画像などから髄液の漏れを確認するとした初めての診断基準を、専門家で作る研究班がまとめました。
「脳脊髄液減少症」は、交通事故の衝撃などで脳や脊髄の周りにある髄液が漏れ出し、頭痛やめまいを起こすもので、全国で10万人を超す患者がいるという推計がある一方、当初は、存在自体を疑う医師もいました。このため、さまざまな立場の専門家で作る研究班が5年にわたって検討を行って、初めての診断基準をまとめ、14日、発表しました。この中で、脳脊髄液減少症を診断する際には、立ち上がった際に頭痛があることを前提に、CTやMRIの画像などから髄液の漏れを確認するとし、一部で行われている、放射性物質を加えた薬剤による検査については、精度が低く参考程度にするとしています。しかし、この基準で症状を訴えた100人を診断したところ、実際に髄液の漏れを確認できたのは16人にとどまり、研究班では、髄液の漏れが見えない人はほかの原因も考えられ、さらに研究が必要だとしています。研究班の代表を務める国立がん研究センターの嘉山孝正理事長は「新たな基準で診断された患者が今後、有効な治療を健康保険で受けられるよう取り組んでいきたい」と話しました。
引用ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メニエル?な人の中にもこれかも?と考える人も少なくはない症状の脳脊髄液減少症のこんなニュースがあったのでのせておきます。治療だけでなく、検査でも放射性物質使うんですね。
放射線治療の事は↓
http://tnakagawa.exblog.jp/
この本↓は実際に読んだけどわかりやすかったです。(ページの下の方からリンクされている本もよさそう)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51836310.html
これ以外に、震災前に出版された本も1冊さらっと読んでみましたが、
世田谷の件でもあったように、医療だけでなく工業の分野でも多く放射性物質が使われているとか。(タイヤなど・・・それにしても世田谷の家では2~3mのところで90歳のおばあさんが2月まで寝起きしていたとか!うちのおばあさんも昔軍需工場で蛍光塗料を扱っていたらしいけど元気(^^)v)
農業ではじゃがいもの芽の照射に使われるのはよく知られていますね。
そろそろ不安をあおる人たちから卒業できるのではないでしょうか。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51748637.html
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111012/223166/?ST=rebuild
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-43.html
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by osha-p | 2011-10-15 14:05 | 内耳が原因でないめまい