2012年 12月 12日
昨日の「たけしの健康エンターテイメント!」
昨日の
「たけしの健康エンターテイメント!」は

めまいの新事実
長引くめまいを改善するヒントがフィギアスケート選手にあった!


と今日知りました。
知ってたら見てみたかったですけど、、、、ざ~んねん。

知り合いが股関節骨折して10日後ぐらいには杖で歩くリハビリに入っているようですが、
めまいもリハビリは重要な事かも。(^^)v

b0022379_23335444.gif

b0022379_2334125.gif



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-12-12 23:35 | 病院・医者・参考図書
2012年 12月 08日
メカノレセプター2
b0022379_1041289.gifなんだか「ガッテン」の話ばかりになってきましたけど、この水曜日の「ガッテン」は
「40代からすでに危険! 転倒死をホントに防ぐ」でした。
TVみてて、前回ガッテンでやっていたのを覚えていたので、メカノレセプターの事だなとわかったのです。
  前回の記事▶「メカノレセプター」
メニエールとは直接には関係ないのですが、このブログでも「メカノレセプター」で検索が多かったのを今日発見。
私のように片側の前庭神経が悪い人は、眼で見る事が平衡機能の大きい役割になっているので、どうしたって両目つむって片足でせいぜい5秒程度ですけど、
この番組の中でのころばない対策はより有効かもしれませんね。
私は実際、夜中にトイレにいく時、部屋が暗くて眼の平衡機能が不十分なせいかぐらっとして壁で支えたりする事もあるので、こけないように気をつけています。(^_^;)
この番組の少し前、実は知り合いが部屋でしりもちをついて、股関節を骨折したので、ストレートにタイムリーな話題でした。けど、骨折を包帯でぐるぐるに巻いて治していくのと違って、手術でボルトをいれたとの事らしいので、手術後すぐにリハビリ開始してもう歩けるようになったとか。すごく早くてびっくりでした。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-12-08 11:12 | 徒然
2012年 11月 14日
今日のNHKためしてガッテンは「寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり」
今日のNHKためしてガッテンは「寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり」でした。
・・・と言っても、みてはいなかったのですが、
番組の最後のほうで、
「耳鳴り、、、めまい、、、」という声が聞こえます。
ん???何???と思ってサイトをみてみたら、、、


ここから引用--------------------------------------------------------
ここぞというとき、人間は歯をくいしばりますが
噛むというのは、全身の筋肉の活動を
限界以上まで引き出すためのスイッチになっています。
そのため、寝ている間に歯を噛みしめている人は、
本来体を休めるはずの睡眠中にもかかわらず、
全身の筋肉をずっと酷使し続けてしまっているんです。
結果、頭から足の先までの様々な筋肉が疲労でボロボロになってしまい、「頭痛」「首の痛み」「肩こり」「腰痛」「ひざ痛」などを引き起こします。
さらに、筋肉によって神経が圧迫され、「めまい」や
「視力低下」「耳鳴り」なども起こることがあります。
引用ここまで----------------------------------------------------------

こうなると、めまい、耳鳴りの原因がこれだとはなかなかわからないかも???
メニエールで、これもでてくるようになったとしたら、さらに気がつくのは難しそう???
知れば知るほどめまいってむつかしいですね~。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-11-14 23:08 | 病院・医者・参考図書
2012年 11月 09日
恐怖性めまい

NHKきょうの健康 不安解消! めまい―あなたに合った対策がわかる (生活実用シリーズ)
前の記事
この本に書かれていた恐怖性めまいは心因性めまいのひとつという事でした。
「恐怖性めまい」という言葉ではありませんが、いろいろ調べるうちに下記のように知る事はできました。
「恐怖性めまい」という事で別枠のようになるという事は以外と多いのかも?

UTU-NET
(1) 耳などに異常があって、その上にこころの不調が影響してめまいが起こっているタイプ

心因性めまい
過去に起きためまいに関連する言葉を聞いたりするような刺激で記憶に関係する脳の「海馬」に刺激を与えると海馬-視床下部-脳幹平衡中枢の経路の交感神経の活動を強めて平衡失調を誘発したり増大させたりする

なので、本来のメニエールのめまい(デカイ回転性・・・ライスネル膜が破れるかイオンの大きな変化)か・・・
この恐怖性めまい(フラフラとなんとなく続くめまい)なのか
どちらが多いかわかると対策がたてやすいかもしれませんね。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-11-09 21:26 | 病院・医者・参考図書
2012年 11月 04日
NHKきょうの健康 不安解消! めまい―あなたに合った対策がわかる (生活実用シリーズ)

NHKきょうの健康 不安解消! めまい―あなたに合った対策がわかる (生活実用シリーズ)
この本を読みました。イラスト満載でめまいについてわかりやすかったと思います。
2012年9月25日発行だけあって、メニエールについて言えば、内容も最近の話題の
めまいのリハビリとか
水分摂取療法とか
有酸素運動の事とか
メニエットの事とか書いてあります。
ストレスについても、ただ、「原因はストレス」とだけしてあるのに比べれば、納得できる感じでした。
なので、めまいに対する対策も生活改善をどうするといいかとかストレス対策とかわかりやすいのではないかと思います。
今までの本にない事は(あくまでも私の記憶による(^_^;)、めまいの原因の一つとして、
甲状腺機能低下症
薬剤性めまい
恐怖性めまい
とありました。甲状腺・・・は少し前にNHKの何かの番組でやっていたような?
恐怖性めまいは聞いた事はありますが、本では初めて読んだかもしれません。
「過去に、恐怖やショックを伴っためまいを経験した場合に、”また同じ事が起こったらどうしよう”という不安から、めまいを起こすものです。」
だそうです。メニエールのめまいを経験したものならば、これが起きても不思議ではない???
でも、どんなめまいなのかは詳細には書いてないので、その時起きためまいが、メニエールのめまいなのか、恐怖性めまいなのか体感で判別がつくのか???と、ちょっと疑問に思いました。
追記
b0022379_21455983.jpgそれにしても、この本と共通点を発見!
この本の裏表紙には、なんと黒猫ちゃんがいたのです!








/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-11-04 21:47 | 病院・医者・参考図書
2012年 10月 27日
メニエール病の研究(わかる範囲)
BBSをやめる直前にBBSに「メニエール病は研究されてないのでしょうかね」との投稿があったので、わかる範囲で。
難病に指定されているので、厚生省の難病対策として「前庭機能異常研究班」で研究されています。
b0022379_11552942.jpg←こういうA4ぐらいの冊子で研究報告書がでていたようですが、
去年は↓こういう本がでたようです。(残念ながら私はまだ読んでいません)



メニエール病診療ガイドライン 2011年版

b0022379_1411666.gif毎年、秋ごろにめまい平衡医学会の学会があるようです。
過去の学会の演題をみた事もありますが、演題だとチンプンカンプンなのも多いです。(^_^;)
発表する先生ばかりでなく、学生さんとか、若いお医者さんとかの参加もあると思うので、
メニエールの知識が多くのお医者さんに正しく浸透していってくれるといいですね。










////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-10-27 12:04 | 病院・医者・参考図書
2012年 10月 24日
「ドクターショッピングはダメなのか」という検索

ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか (新潮新書)
少し前に、このブログに「ドクターショッピングはダメなのか」という検索でたどりついた方が何人かみえたようでした。
この本は2年ぐらい前に読んだので、内容はあまり覚えてないのですが(図書館の本なので手元にはない)(^_^;)
ドクターショッピングをするのは、頭頚部の症状が多く、心身医療的に診た方がいいケースが多いそうです。
めまいに耳鳴りに頭痛の方も多そうだし、大学病院の耳鼻科はまさしく頭頚部外科というところから
あてはまる事も多いのかもしれません。

メニエールでいうと、めまい専門医とかめまい相談医という制度がありますが、
専門性を求めてこういうお医者さんをめぐれるほどなのは東京かせいぜいその周辺ぐらいで、(大阪とその周辺あたりもまぁいいのでしょうか?)
地方だとドクターショッピングができるほど専門医がみえるわけではないですよね。
東京の中にいる人だとしても、仕事や生活の時間のやりくりの中で通える病院は限られるのかもしれません。
セカンドオピニオンというのがありますけど、
紹介する病院では紹介するにあたっての紹介状だとか必要に応じて画像のコピーなどの資料のために数千円必要らしい。
紹介される方は、治療ではなくて相談なので実費、30分で1~2万円?ぐらいなんだとか。

セカンドオピニオンじゃなく、単にドクターショッピングの場合でも、より専門性の高い病院へ行けば大学病院の事も多く、
紹介状なしで大学病院へ行けば、初診にプラス4、5千円かかりますよね。

私の住んでるところからも東京へは日帰りできます。
朝いちばんに電車に乗れば、9時台に山の手線に乗れて、夜7~8時ごろまでは活動できるので、
東京の病院も不可能ではない???(^_^;)
でも、電車代が(もしくは飛行機代)、、、、、あるいは、いざという時、入院とか?、、、、、(私にはムリですが。。。(^_^;)

人によって、通院に使える時間もお金も様々でしょうけれど、
最初の印象がどうとか、期待していた事を言ってくれなかったとか、そういう不満も多少はあるにしても、専門医ならば知識は確かに頼れると思うし、
何回か通院する事によってお互いにだんだんとわかってきたり、いろんな意味で歩み寄ったりしていい関係ができてきたりする可能性もあったりすると思いますが、どうでしょうか?
、、、と、言うか、私の住んでる地域では専門医は少ないので、そうであってほしいし、自分もそのようにこころがけたいですが、できるでしょうかね(^_^;)



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

# by osha-p | 2012-10-24 22:26 | 病院・医者・参考図書