2004年 09月 08日
  通院 その1の続き
2004年1月20日(火)
    通院 その1の続き   
No.4
と、いうわけで、どんなに辛くともじっと寝てれば治まる事がわかっていたので、わざわざつらい思いまでして病院へ行った事はありませんでしたし、行く事じたいが不可能でした。
おととし、診察の時の非注視眼振検査の後、Dr.に
「この検査の時、発作が起きた事はないですよ」
と言ったら
Dr.「今、発作があったら、入院ですからね〜」
えっ!そうなの?そういうマニュアルがあったんだ。
ならば、えらい思いして病院へ行ってたとして、さらに即入院させられてしまう?
じゃ、めまいがよく起きる時期は頻発の傾向なので、
病院へ行って、家に帰る・・・じゃなく、
家に行って、病院に帰る・・・になってしまう???
そ、それは、ヤバイ!
それに、「入院」という事実が、心理的に重くのしかかるかもしれず、
とりあえず日常生活に大きな支障がなかったのは、「ガマン、ガマン」のおかげだったのだろうか?
しかし、この事は後にちょっと後悔する事になりますが、今も正解はわかりません。  
[PR]

by osha-p | 2004-09-08 09:14 | めまい


<< 通院その2      通院 その1 >>