2004年 09月 08日
通院その2
2004年1月22日(木)
    通院その2   
No.6
先日の通院の日は雪で車で行けず、電車で行きました。(ちょっと遠いので)
帰りに電車の中で、友人に会ったのですが、その人は悪い方の耳の左側にすわりました。
電車の雑音の中、な、なんと以外に聞こえない。
首を思いっきりまげて、右耳が近付くようにしたけど、きっとすごく不自然に見えたに違いない。あっ、ちなみに、この友人には事情がわかっています。
思えば、私の日常生活は、仕事は家でできるし、家にいるからともかくめまいが起きれば、すぐ寝ていられるし、すごくラッキーな環境なのかもしれません。
生活していく上でひどく凹まなくてはならないような場面は他の方に比べれば少なく、それだけに、精神的なダメージは少なくてすんだのかもしれませんね。その、精神的なダメージが少ない事が、私の症状は「教科書的」であって、「平均的」でないというひとつの理由のような気がします。
先日の電車の中での出来事のような、めまい、難聴に不都合な場面が日常生活をする上で頻繁に繰り返されるような環境ですとそんなわけにはいかなかったかもしれません。  
[PR]

by osha-p | 2004-09-08 20:45 | メンタル


<< 「私があなたにしてあげられる...        通院 その1の続き >>