人気ブログランキング |
2008年 03月 03日 ( 1 )

2008年 03月 03日
悪くても、悪くない?
b0022379_115851.gif

Aの人は繰返すメニエルのめまい発作が原因で、三半規管や蝸牛の神経がやられてしまっているとします。

Bの人はメニエルのめまい発作はいくらかあったものの機能が悪くなったのは一時的で器質的には多くの損傷はないものとします。

Aの人は、耳鳴りも閉塞感もひどいけれど自分の症状として受け入れて慣れ、ときおりおこるメニエルのめまい発作の数時間をのぞけば、普通に仕事をしています。

Bの人は、耳鳴り、閉塞感が苦痛で、いつおきるかわからないめまいがとても不安です。ふわふわ、フラフラの浮動性めまいはしょちゅうあり、なかなか活動的になれません。

どちらが重症かとかそういう事ではありません。
いろいろな体験談から両者は両極端かもしれません。
器質的に悪いのはAかもしれませんが、苦痛度、生活支障度ではAは悪くない。
そういうのもアリなのがメニエルだと思います。
正しい知識を身に付けて(本や医療サイト)、客観的に自分を知り、生活習慣やストレスの受け止め方に気をつけて、模索しながらもメニエルとうまくつきあっていく方法を多くのメニエルさんがみつけられますように。。。

by osha-p | 2008-03-03 23:26 | その他耳関連